青い空と青い海。緑豊かな南の島……。その恵まれた自然やすばらしい気候、そしてリラックスしたライフスタイルに憧れて、ハワイでの生活を夢見る人は増えています。マスメディアで紹介される在住者やローカルの人々の生活は、とても幸せそうで、いよいよ憧れも募るといったところ。

ところが、せっかくハワイでの移住生活を実現しても、夢と現実のギャップに悩み、心の病にかかってしまう方もいらっしゃるようです。今回は、ホノルルで心理カウンセリング業を営む丹羽けい子先生にお話をうかがいました。

ハワイに住めば幸せになれる……?

ハワイで患う心の悩み
ホノルルで開業する心理カウンセラー丹羽けい子先生。
楽園と言われるハワイで暮らすことに憧れる方が急増している昨今。海外移住ブームも手伝ってか、マスコミには、ハワイ移住体験者の幸せそうなストーリーがたくさん紹介されています。

- 毎朝サーフィンをしてから出勤……
- 毎週末に親しい友人を集めてのホームパーティ……
- 仕事は順調。週末は仲間とゴルフ三昧……
- すてきなアメリカ人の旦那様との結婚生活……

このような華やかな記事に憧れてハワイ生活を実現したものの、実際の暮らしは、メディアの紹介したものとはかなり違う……。相談する人も周りにおらず、どんどんつらい気持ちを悪化させて、心理カウンセラーのもとを訪ねてくる方がいらっしゃるそうです。

「あくまでも概論としてですが、ハワイにさえ来れば、日本で抱えていたいろいろな悩みや不満が解決して幸せになれると思っていた、という方が多いようです」と丹羽先生はおっしゃいます。

日本での悩みに正面から向き合わず、ハワイという楽園に解決の糸口を求めてしまった方々が陥る落とし穴なのでしょうか。

「ハワイに移住すれば、周りにいた家族や友人もいなくなりますし、今までとはありとあらゆる場面で、生活環境が変わります。そのことが及ぼす心へのストレスは膨大なものなんですね。もともと悩みの多い方が、ハワイに来ればしあわせになれる、という期待を持ってきてしまうと、逆に悪化されるケースもあるほどなんです。」

⇒ 旅行と移住はまったく違う? 心の障壁になりやすい原因は次ページで。