3.アラモアナ・ビーチパーク周遊コース

マジックアイランド
広々とした公園は開放感いっぱい。ワイキキからホノルル空港まで見渡せて眺めも抜群!
今度はワイキキを少し離れて、アラモアナ・ビーチパークへと行ってみましょう。ワイキキからだと、出発点によっていろいろな行き方がありますが、ここは散策目的なので、できるだけ車に遭遇しない行き方をご紹介します。観光目的ではない方を対象に書いていますので、皆さんの拠点は、比較的ワイキキの山側である、ということを前提にしています。

まずは前ページ同様、一度アラワイ運河に出ます。今度はそれをマッカリ通り側に歩きます。マッカリを過ぎたらコンベンション・センターが見えてきますので、目指して歩き、車の多いカピオラニ大通り側ではなく、運河沿いの遊歩道を選択し、終点まで歩くと、そこはアラモアナ大通りです。大きな通りで車の往来も激しいので、気分も冷めてしまいがちですが、ここまで来ればアラモアナ・ビーチパークもすぐ目の前です。

ヨットハーバーの横からビーチパークに入ったら、目指すのはマジックアイランドと呼ばれる、公園の突端の芝地。駐車場を抜ければ、そこは車の入ってこない、静かな場所です。

突端の方まで行って振り返れば、そこにはヨットハーバーが。海側から見る陸地というのは、クルーズなどに乗らなければ、あまり見ることがありませんが、ここなら実に簡単。東側にはワイキキの全貌が広がり、ダイヤモンド・ヘッドの正面も目の前。世界に名だたる美しい風景に感嘆する瞬間です。

西側を見れば、白砂のビーチが広がり、ダウンタウンもすぐ目の前に見えます。その向こうには空港、はるか遠くにはコオリナの方まで見渡せることもあります。その後は、ビーチパーク内をぐるっと歩いても良いですし、太陽が昇り始めたら、ビーチでのんびりくつろいでもいいですね。また、アラモアナ・センターのフードコートで朝食をとるなんていうこともできる選択の幅が、このコースの特徴でもあります。


世界中の人が羨望する自然が、徒歩圏内にあふれているワイキキ。長期に住めば、そんな自然を日常の一部として満喫することができるのです。お金はいっさいかかりませんが、これこそ究極の「贅沢」と言えるのかもしれません。ハワイに滞在したら、ぜひ早起きして、朝の新鮮な自然の魅力を楽しんでみてください。

【関連情報】
ビグローブ「ハワイ特集」:カピオラニ公園
オアフ観光局「アラモアナ・ビーチパーク」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。