週4日ハワイからの生放送をスタート! DJ生活 in Waikiki

ローカルモーション内のスタジオ
サーフブランドショップ「ローカルモーション」の中にある特設スタジオから生中継
日本から、ハワイの新聞が運営するウエブサイト「Career Builder」で見つけておいた日本向けPR会社の求人に応募し、引っ越した時点で面接を受けた内田さんは、ここでもある種のカルチャーショックを味わうことになりました。

「とにかく定収入がないとまずいと焦っていたのですが、面接が済んで、ハイ合格、となってから聞いたお給料があまりにも低くて……。フルタイムの仕事なので、拘束時間も長く、これならフリーでライター生活をした方が、と思い直してお断りしました。物価の高さに対して、給与は低いとは聞いていましたが、これほどまで、と愕然としたのを覚えています。」

フリーライターの仕事も見つけたものの、時間通りにやってこないバスで、1時間かけてワイキキまで来る生活は、楽ではありませんでした。ワイキキから自宅までの最終バスが6時台ということも仕事に悪影響を及ぼし、この仕事も途中で断念。

しかし2月に入った頃、古巣のJ-Waveから、ハワイから日本へ発信する生放送番組を始めるという話が舞い込んできたのです。それが、現在、J-Wave(FM81.3)で月曜から木曜の午後1時15分~30分に放送中の「Colors of Hawaii」でした。

ワイキキのサーフショップの中にラジオ・スタジオを作り、そこからほぼ毎日、日本に向けて生放送を行うという試みは、画期的なことです。プロとして活躍してきた彼女が移住してきて、すぐにこの企画が具体化したのも、何かの縁と考えざるを得ません。

「この番組の取材を通じていろいろな人に会えるし、ハワイのことが少しでも理解できるようになれば、もっともっと生活を楽しめるようになるはずと思って、お受けしました。もちろん安定収入は嬉しかったですしね(笑)。」

ワイキキへ通勤するためにハワイ州の運転免許も取得!

完全なるペーパードライバーだった彼女は、安い中古車を手に入れると、運転の猛特訓を始めました。しばらくは日本の免許証で運転し、ワイキキのスタジオまで通勤。慣れない運転で怖い思いをしながらも、行動範囲が一気に広がり、ハワイでの暮らしが少しずつ好きになっていくのを感じていました。そして、苦労の結果、6月にはハワイ州の運転免許証も取得。

「身分証明書でもある運転免許証が手に入ったことで、ようやくハワイという島に、在住者の一員であることを認めてもらえたようで、すごく嬉しかったですね。外国人から、ハワイ州民になれたって感じで。」

佐知子&KONISHIKI
ゲスト出演のKONISHIKIさんと。こんな貴重な出会いがあるから、DJの仕事は楽しい!
番組も開始早々、大人気。スタジオには、収録を見ようと、観光の皆さんもよく訪れています。彼女の取材活動や、番組の裏話を記した公式ブログも大人気。ライターとして活躍する彼女だからこそできる、声と文章、両方での情報発信です。取材を通じてたくさんの人に会い、また業界で活躍する日本人の方々とも知り合いになれ、内田さんもハワイに基盤を築き始めたのです。

「この番組をやるためにハワイに移住してきた、と思っている方々もいるようなのですが(笑)、実はまったくの偶然、本当に単にラッキーだったですね。でも、15分番組でもありますし、この仕事だけで優雅に暮らしていけるということでもありませんから、よりキャリアということについては、真摯に考えるようにもなりました。」

隔離されたスタジオワークではなく、開放感のあるサテライト・スタジオだけに、リスナーとも気軽に触れ合うことができ、「同じハワイファン」としての目線で会話を交わせることが嬉しいと言います。

「私はハワイのエキスパートとして、ハワイってこういう風なんだよというスタンスで話すなんてできませんから、逆にリスナーさんの目線と同じところで、体当たり取材的なことをやることができるんですね。皆さんと一緒に、ハワイのことを学んでいけたらなあ、という感じですので、聞いている方にも、より親しみを持っていただけるようです。」

 ⇒ カハラのコンドミニアムへお引越し。2年目に突入した彼女の今後に期待!