*カミツレ(カモミール)とジンジャーの焼き菓子

材料を順番に混ぜ合わせ、型に流すだけの焼きっぱなしケーキ。カモミールの繊細な香りを壊さないように、しょうがは絞り汁だけを使いましょう。カモミールってちょっと薬っぽくて……という方でも大丈夫。レモンとしょうがの香りが、本来カモミールが持つフルーティーさだけを、上手に引き出してくれます。

シンプルな焼き菓子なので、マドレーヌ型やパウンド型、マフィン型などお好みの型で焼いて、おもたせにしても良いですね。

きび砂糖やメープルシロップを使って素朴な甘さに仕上げました。甘みがちょっと足りないな、という方は、アイシングで調節を。メープルシロップの代わりに、はちみつも使えます。

20センチの角形1台分
薄力粉…250g
卵…2個
きび砂糖…70g
メープルシロップ…50g
無塩バター…100g
ベーキングパウダー…小1/2
カモミールティバッグ…1個
しょうがの絞り汁…小1
牛乳…50cc
レモンの絞り汁…1/2個分
型用バター、薄力粉…適宜
粉砂糖(アイシング用)…大3
牛乳(アイシング用)…小2


(1) 型にバターを薄く塗り、薄力粉をふって余分は粉をはたく。冷蔵庫で冷やしておく。バターは軽くレンジにかけ、柔らかいポマード状にしておく。カモミールティーバッグを牛乳と一緒にレンジにかけ、ティーバッグを軽く絞って濃いミルクティーを作っておく。オーブンを180度に予熱する。


(2) ボウルに卵を溶きほぐし、きび砂糖を加えてふんわり白っぽくなるまでよく泡立てる。メープルシロップ、1のバターを加えてよく混ぜたら、カモミールミルクティ、しょうがの絞り汁、レモンの絞り汁を加えてさらに混ぜ合わせる。


(3) あらかじめふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを2度に分けてボウルに加え、ゴムベラで手早く合わせる。底から返すようにして、粉っぽさが無くなるように混ぜる。


(4) 型に生地を平らに流し入れ、底を数回打ちつけて空気を抜く。180度に予熱したオーブンで35分焼く。冷めたら型から出して切り分ける。粉砂糖に牛乳(牛乳の代わりにキュラソーやキルシュで溶かしても良い)を混ぜて作ったアイシングを飾る。
 ̄ BGM for Camomille この料理と一緒に聴きたいCD ̄
アヴェマリア~Sacred Arias
//Andrea Bocelli

【関連レシピ カモミールとそば粉の組み合わせをホットケーキで手軽に♪】
■カモミールとそば粉の香るホットケーキ


<<前へ 1 / 2 / 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。