カラフルな機体ペイントで個性を主張


いろんな国のエアラインが乗り入れる各国の主要空港では、駐機している旅客機の機体に描かれたマークやデザインを見比べてみるのも楽しいものです。白い機体をベースに尾翼にロゴマークをあしらったオーソドックスなものから、黄色、緑、赤、オレンジなどの原色を使った派手なデザインまで。マーキング(機体ペイント)のバリエーションは、エアラインの数だけあります。

現在はほとんどのエアラインがボーイングかエアバスの旅客機を使用していますので、機種の形だけ見てもどの会社のものかはわかりません。空港でひと目で「あ、○○航空だ!」と自分のお気に入りのエアラインを見つけられるのも、ボディにペイントされたロゴマークやシンボルカラーのおかげです。

photo-1
色とりどりの機体ペイント (c)Boeing

しかし、中には“ノーペイント”というシルバーの外板のままの珍しい機体もあります。たとえば、JALが貨物事業で導入したボーイング767貨物専用機。この非塗装のスタイルは「ベアメタル」と呼ばれています。シルバーで一見、おしゃれに見えるかも知れませんが、ベアメタルカラーを採用する理由はデザイン性ではありません。エアラインの狙いは別のところにあります。


≫≫≫ 次のページは、非塗装の狙いとは?