NASAが米ボーイング社および米マイクロ・クラフト社と協力して開発を進めるのは、X-43――通称ハイパーXと呼ばれる極超音速機です。

ハイパーXの飛行速度はマッハ10。これが実現すれば、あの超音速旅客機コンコルド(マッハ2.02)さえ、動きはスローモーションのように見えるかもしれません。

スクラムジェットは試作エンジンの風洞実験にはすでに成功しているものの、2001年6月にカリフォルニアで行われたテスト飛行は失敗に終わりました。実験に使用したハイパーXは、全長3.7メートルの無人機。母機から空中投下されたあと、固体ロケットブースターを使ってマッハ10まで加速する計画でしたが、ブースター点火直後に制御不能に陥り、地上からの司令で空中爆破されました。NASAでは現在、2002年に予定されている新たな実験に向け、失敗の原因究明に全力で取り組んでいます。いずれ課題をクリアし、実用化に一歩ずつ近づいていくでしょう。

ハイパーXのマッハ10という速度は、想像を絶するものです。ニューヨークからパリへ飛ぶのに、ジャンボ機で約7時間、コンコルドでも3時間45分かかっているのが、ハイパーXならわずか40分程度。地上で飛行音を聞いてあわてて頭上を仰いでも、すでに飛び去ったあとでおそらく機影を見ることはできません。朝、東京の自宅で朝食を取ってからロサンゼルスでの会議に出席し、夕方には帰宅して家族と食卓を囲む──そんな生活も決して夢ではないのです。

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。