いろいろな効能をもつハーブの中でも、タイムはお肉や魚料理によく使われる香辛料として有名ですね。これは、タイムには、生鮮食品を長持ちさせる強い殺菌力があるからのようです。また、デオドラント効果もあり、日常的にもスプレーにしてお部屋にまくなどすると、風邪にかからなくなったり、お部屋に嫌な匂いを抑えてくれて、一石二鳥。

そのような効果をもつタイムを使って、素敵な手作りを楽しみましょう。殺菌力、消臭力を生かしたシューズキーバーと、香りが高いリースです。
 

 

そ の 20
 
 タイムのシューズキーパー&リース
 

シンプルな刺しゅうがかわいいシューズキーパー。ワッフル地が心地よい手触りです。デザイン制作:佐々木純子


++ 作 り 方 ++

■用意するもの(1足分)
白木綿無地110×30cm グリーンワッフル木綿60×10cm 1.5cm幅生成り綾織りテープ1m グリーン、茶25番刺しゅう糸 手芸綿適宜 タイム・ラベンダーのドライハーブ少量
 
刺しゅうはすべて25番刺しゅう糸1本どり。葉っぱはレゼーデージー・ステッチで、その他はバック・ステッチで好きな模様を刺す。



1 白木綿無地を20×20cmの正方形に裁ち、グリーンワッフル木綿は20×10cmに裁つ。2枚を接ぎ合わせて刺しゅうをし、下側3分の2にカーブを付けて裁ち直す。

2 後ろ布は刺しゅうをせずに同様に作り、2枚を中表に合わせて縫い代1cmで周囲を袋状に縫う。

3 口側部分の縫い代は割り、口を1.5cmずつ三つ折りして縫う。

4 綾織りテープ50cmの両端を三つ折り縫いして、後ろ布の中心に縫い付ける。

5 手芸綿でラベンダーとタイムをくるんで、中に入れてテープを結ぶ。

ひとことpoint!



中に入れるハーブは、よく乾燥させたドライハーブを使いましょう。庭にハーブを植えている方は、よく乾燥した日陰に逆さづりにしておくとドライハーブができます。部屋の中ではエアコンの下などでもよく乾燥します。

次のページでは、タイムやラベンダー、セージ、ベルガモットを使った、ハーブのリースをご紹介します。次のページへ