立教新座中学校の入試傾向

第1回入試は1月25日、第2回は2月4日。帰国生入試は1月25日(国語・算数・受験生のみの面接)に実施される(以上、2011年度)。埼玉エリアでは栄東中学校、西武学園文理小学校(ともに入試はコース別に複数回実施)などとの併願が、東京エリアでは2月1日実施の開成中学校、駒場東邦中学校、慶應義塾普通部(以上、男子校)、早稲田中学校(共学)、2月2日実施の本郷中学校、2月3日実施の筑波大学附属駒場中学校(男子校)などとの併願が可能だ。

入試は4教科。傾向は以下の通り。

■国語
難易度が高い。記述式や文中からの抜き出しなど書かせる問題が多い。長文を論理的に、速く読み取る力と書く力を訓練する必要がある。漢字などの基礎も大切。

■算数
数の性質や図形は例年出題。計算力も要する。基礎をしっかりと身につけたうえで、文章問題にも十分慣れておくとよい。やはりスピードと正確さが必要。

■社会
地理・歴史がいっしょの総合問題。ほかに政治・国際各分野の問題も。記述式も出るので練習が必要。各分野の知識を深め、時事的問題も押さえておきたい。

■理科
化学・物理・生物・地学の4分野からの問題で構成。教科書をまんべんなく勉強し、知識・計算力・思考力を高めておくとよい。実験もしっかり理解しておきたい。

立教新座中学校の学費

  • 入学手続時納入金 400000円(入学金300000円、維持資金100000円)
  • 年間学費 810000円(授業料624000円、維持資金156000円、諸会費・その他31000円)
  • 初年度納入金合計  1211000円

なお、上記以外にかかる費用として寄付金1口100000円(任意)がある。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。