プーケットから船で目指す、ラムネ色の海と巨岩のスミラン諸島


[タイ]

1日ツアーかダイブクルーズで訪れるスミランNo8
“アンダマン海の真珠”と呼ばれるプーケットから北西へ、ボートで約3時間。国立公園として国に手厚く守られているスミラン諸島。スミランとはタイ語で“9”を意味し、その名のとおり9つの島々からなります。そのうち上陸できるのは、No4とNo8の2つの島。


おすすめは、No8。絶妙なバランスで折り重なった巨岩が入江を見守るようにそびえています。ドナルドダックビーチと呼ばれるビーチの白砂のサラサラ具合も上々。そして何より透明度が抜群に高いです! 淡いブルーはまるでラムネ色で、シュノーケリングでも十分に豊富な魚種が楽しめます。プーケットから数時間の移動でここまで海が変わるのか!とびっくりすること必至です。

岩場から見下ろしたスミランNo8
そしてビーチを見守る巨岩へは登ることもできます。そこから見下ろしたビーチの美しいこと! サンセット時はさらに感動が高まるはずです。
No4には国営のバンガローなどもあり、宿泊もできるそうです。

スミラン諸島へは、プーケット発の1デイ・ツアーに参加するか、船内に寝泊りするダイブ・クルーズで行くことができます。カオラックからアプローチする方法もあります。
ただし、海況から11~4月の期間限定です。




=>次のページでは、行けたらラッキーの、ニューカレドニアの幻のビーチをご紹介。