日本の冬を脱出! おすすめの世界のビーチ

寒い日本を抜け出そう!

寒い日本を抜け出そう!

寒い冬こそ、日本を脱出して、南国ビーチへ! 重いコートは脱ぎすてて、ヤシの木陰でお昼寝しましょ。ここでは冬に乾季のベストシーズンを迎えるビーチリゾートをピックアップ。やっぱり太陽の光があってこそ、海は美しく輝くのです。

<記事index>

気軽に逃避行できる、お手ごろアジア

距離的な近さ、時差の少なさ、そして何より物価の安さから、私たちの味方アジアンビーチ! 冬にオンシーズンを迎えるアジア、意外と多いのです。

■フーコック島/ベトナム
ベストシーズン:11~4月
建築家ビル・ベンスリーがアイデアからデザインまで手掛けた、JWマリオット・フーコック・エメラルド・ベイ・リゾート&スパ

建築家ビル・ベンスリーがアイデアからデザインまで手掛けた、JWマリオット・フーコック・エメラルド・ベイ・リゾート&スパ

人気沸騰中のベトナム。2016年末あたりから新しいリゾートのオープンが続き、目が離せない存在なのが、南部の国境近くに浮かぶフーコック島。大陸の東海岸に位置するベトナムにおいて、サンセットが見られる貴重なロケーションでもあります。白砂ビーチが約20キロ続く西側のロングビーチは、ホテルが進出中のエリア。開発が進む一方で、活気溢れる素朴な漁港も。ちなみに、同じベトナムでも中部ダナンは、冬は雨季。

さらに詳しいフーコック島に関する情報は「フーコック島/ベトナム」をクリック!

■ボラカイ島/フィリピン
ベストシーズン:12~5月
約4キロ続くホワイトビーチ。サンセット時にはビーチバーが出現

約4キロ続くホワイトビーチ。サンセット時にはビーチバーが出現

季節風がおさまり、晴天日が続く冬こそ、ボラカイ島へ! 島の西側のホワイトビーチは、その名のとおりサラサラの白砂ビーチが約4キロも続き、沖は遠くまで遠浅の海が広がる絶景です。世界最大の口コミ旅行サイト「トリップアドバイザー」の「トラベラーズチョイス」のアジア部門では常に好位置にランクイン。シンプルなアイランドライフが過ごせます。屋外ショッピングモールの「Dモール」が人気スポット。

さらに詳しいボラカイ島に関する情報は「フィリピン(セブ島・ボラカイ島)」をクリック!

 


■プーケット&シミラン諸島/タイ
ベストシーズン:11~4月
シミラン諸島のナンバー8。透明度がグンとアップ

シミラン諸島のナンバー8。透明度がグンとアップ

タイのアンダマン海側の島々がオンシーズンに。“アンダマン海の真珠”と称される、タイ最大の島プーケットは、豪華リゾートホテルから格安バンガローまで、予算に応じた旅が楽しめます。シミラン諸島は10~5月のみ、ダイブクルーズや日帰りツアーが開催されます。巨岩が折り重なる奇観と、透明度バツグンの海、しかも季節限定となると、ありがたさも倍増!? ほかにも、ピピ島やヤオ島、ランタ島など、アンダマン海に浮かぶ島々も旬!

さらに詳しいプーケットに関する情報は「プーケット旅行!雨季と乾季シーズンごとの楽しみ方」をクリック!

次のページでは、ハネムーンなどの思い出に残るアニバーサリー旅行におすすめのビーチリゾートをご紹介します。