“のんびりゆったり”と“ドキドキワクワク”。サイパンで心のデトックス

サイパンのオプショナルツアーundefinedベルトラ

自分に「お疲れさま」。クリアブルーの海があなたを呼んでいます

透明度抜群の“マリアナブルー”と呼ばれる美しい海、雄大な自然。ダイビングやスカイダイビングで思い切り体を動かした後はスパ&エステで熟練の技に身をゆだねて……。毎日の疲れやストレスをリセットする「ご褒美旅」へと出掛けてみませんか。 日本からグアム経由で約3時間半、時差は1時間と、限られた休暇でも最大限に活用できる近さもサイパンの魅力のひとつです。今回はココロとカラダが生まれ変わる、とっておきプランを紹介します。


スパ&エステで体の芯からリラックス

サイパンのオプショナルツアーundefinedベルトラ

女性はもちろん、男性からのお申込み大歓迎のプランも

「ご褒美」の代名詞と言えばやっぱりこれ。アロマオイルの香りに癒やされながら、毎日がんばる心と体をすみずみまでケアして、思いきり自分を甘やかしてしまいましょう。日焼けした肌のお手入れプランや、男性にも嬉しい指圧マッサージ、フェイシャルにヘッドマッサージなど、贅沢なプランがたくさんそろっています。価格帯も、リーズナブルなお値段で気軽に楽しめるお店から、リッチな気分を満喫するラグジュアリーなお店までとさまざま。人気のアロマサロン 霞 -Kasumi- 漢方を取り入れた本格的マッサージは、コスパも良く試してみる価値ありです。旅のコンセプトに合った納得の一軒を見つけてください。

新しいことに挑戦! 体験ダイビング

サイパンのオプショナルツアーundefinedベルトラ

インストラクターと一緒に安心して海の中へ。心が洗われるひとときを

サイパンはCカード(ダイビング認定証)を持っていなくても挑戦できる「体験ダイビングコース」が豊富なため、初心者に人気のダイビングスポットです。一般的なボートダイビングでは水深2~3mの浅い場所へ案内。もっと気軽に挑戦したいという方には、ビーチから直接エントリーする「ビーチダイビング」がおすすめです。体験ボートダイビングなら88ドルで参加が可能です。1月~6月の乾季は水温が26℃~31℃くらいと低めで、海の透明度が高い時期。雨季は少し透明度が落ちますが、あたたかく穏やかな海でのダイビングを楽しむことができます。

スカイダイビングで価値観を変える

サイパンのオプショナルツアーundefinedベルトラ

でっかい地球の上では何だってアリ! 体中に風を受ける爽快体験

大空のど真ん中に放り出されるスカイダイビングは究極のスカッと体験。経験不要、インストラクターと一緒のダイブだから心配も不要、必要なのは勇気と冒険心だけ! 高度2400m+からサイパンの真っ青な海を見下ろして、大気を全身に感じながら雲の間をすり抜ける興奮の瞬間です。ツアーによっては、追加料金で4200mもの高さからのダイビングも可能。スカイダイビング ホテル送迎付きなら参加もお手軽です。地球の丸さと大きさを体中で感じれば、日頃の悩み、迷いなんて一気にふっとんでしまうかもしれませんね。


ビーチに寝そべって星空鑑賞

サイパンのオプショナルツアーundefinedベルトラ

星と星をつないで、自分だけの星座をつくってみるのはいかが

昼の喧騒が眠りについたら、街を離れてビーチへと足を運びましょう。砂浜に寝転がり、波の音を聞きながら見上げる空には、きらきらと輝く満天の星。地上の光が少ないサイパンは、夜になると「星のリゾート」に変身します。心の中を空っぽにして、ただただ星空を眺める時間。何もないけれどすべてがそこにあるような、満たされるひとときを過ごすことができそうです。南十字星やカリーナ星雲など、日本では見られない星座・星雲をしっかり観測してみたい方は、スターウォッチングツアー など、ガイド付きなら安心です。双眼鏡のご準備をお忘れなく。


グルメなご褒美『チャモロ料理』

サイパンのオプショナルツアーundefinedベルトラ

やっぱり花より団子…ですよね。お腹いっぱい食べましょう

サイパンの伝統料理「チャモロ」は、甘さ・辛さ・酸っぱさのいずれかをビビッドに押し出した南国料理。アチョーテの実で色づけをする「レッドライス」、海老や牛肉などをレモンと塩でしめ、香味野菜とココナッツでマリネした「ケラグエン」、タピオカとココナッツミルクで作ったお餅デザート「アピギギ」などが有名です。食事内容が事前に選べる『ソルティーズ・グリル』チャモロ料理セット 食事券&事前予約サービスは、強い味方です。ヤシの樹液から作られる地酒「ツーバ(チュバ)」は、甘酸っぱくてクセになる味。アルコール度数が低いので、お酒があまり強くない方もぜひトライしてみてください。
 
【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。