モロカイ島の中心地のカウナカカイ。車で約2分で通り過ぎちゃう小さな町です

オアフ島から先の穴場、モロカイ島


みんな大好きオアフ島。リゾートライフにショッピング、グルメやゴルフにカルチャー、海辺のライフスタイル……となんでもあって、おまけに便利なオアフ島。この島の中にも穴場はたくさんあるのですが、ちょっぴりハードル高く、ハワイ諸島の中でも、最もハワイらしいと言われるモロカイ島をピックアップしてみました。


フラ発祥の地です。5月第3週はここでカ・フラ・ピコという大会も開かれます
●モロカイ島
6割が生粋のハワイアン、そして3割が代々の血統を引き継ぐ者とされる、モロカイ島の人々。“友情の島”というニックネームがぴったりな心優しき人々が暮らしています。旅人を家族として受け入れ、そして互いの文化を分かち合おう、そんなメッセージが伝わってきます。
この島には、娯楽関係のものはほとんどありません。ショッピングモールもないし、夜9時には100m足らずの中心地カウナカカイの町はほとんど電気が消えてしまいます。
信号もありません。荒野を走るまっすぐな道を車で飛ばしていると、そのまま空に続いていってしまうような気分に。エレベーターも一基のみ(2階分)リゾートホテル内にあったのですが、そのホテルも2008年3月にクローズされてしまったとか…。もちろん、マクドナルドやスターバックスもありません。


ハワイ最長とされるパポハクビーチ。4人いれば、”混雑”と言われてしまいます
そんな何もない島ですが、素晴らしい自然と文化が宿っています。フラの発祥の地や、ハワイで最古の村のひとつとされるハラワ渓谷、ハワイで最長とされるビーチのひとつパポハクビーチ(4人いただけで、今日は混んでいる!と島民がいうほど)、世界最大の落差といわれる断崖、そして森の精霊が住んでいそうな固有種の多い森……。
オールドハワイをモロカイ島で体験してみませんか?


■ハワイの気候:通年過ごしやすい気候ではありますが、乾季は4月~9月、雨季は10月~3月となります。

次のページではニューカレドニアのヌメアから先の穴場をご紹介します。