ユニークな眺めのボホール島のチョコレート・ヒル

セブから先の穴場、ボホール島


細長いセブ島と橋でつながったマクタン島などからなるセブ州。国際空港のあるマクタン島が、一般的に“セブ”と呼ばれているエリアです。マクタン島の東側のビーチラインにはリゾートホテルが建ち並び、ダイビングやアイランドホッピングなど海遊びも豊富。成田から約5.5時間というアプローチしやすさも魅力です。


愛くるしいメガネザルのターシャもボホール島名物
●ボホール島
セブから一歩先のビーチ、ボホール島はいかがでしょう(セブ本島にもステキなビーチリゾートはあるのですが…)。
セブ島からフェリーで約1時間40分のボホール島はダイバーの間ではメジャーな島です。目玉がきょろっとした手乗りサイズのメガネザルのターシャ、円錐形の石灰岩の山が連なる不思議なチョコレート・ヒルなどの見どころがあります。


アロナビーチ沖のサンドバンク。旅行会社がOPツアーを出していたりします
ワタシ的にはボホール島と橋で渡されたパングラオ島のアロナビーチがおすすめです。シンプルながらも心地よさそうなリゾートが増えてきているようです。ビーチもゆるい空気が流れていて、ぐうたら過ごすのには気持ちよさそう。



夕暮れ時のアロナビーチ。ゆる~い時間
そしてアロナビーチ沖にある真っ白なサンドバンクはまるでモルディブのように美しいですよ! 旅行会社によっては1日ツアーを催行しているようです。

■セブの気候:乾季は12~5月、雨季は6~11月。平均気温は27℃前後
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。