チョコでイラクの子どもたちを救おう!

限りなき義理の愛大作戦2
チョコを手にする少女は卵巣ガン。治療のかいなく亡くなってしまったそうです。©JIM-NET
昨年もガイド記事「義理チョコの愛をイラクの子どもたちにも!」でご紹介したJIM-NETの「限りなき義理の愛大作戦2009」。チョコの収益がイラクの白血病やガンで苦しむ子どもたちの薬代などに使われます。今年も1月5日から受付が始まり、売れ行きも順調です。

JIM-NETは、日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)や、日本国際ボランティアセンター(JVC)など9つのNGOで構成されるネットワークです。湾岸戦争後、イラクで増加している白血病やガンの子どもたちの支援を行っています。代表は、JCFの理事長で「がんばらない」などの著書でもおなじみの諏訪中央病院名誉院長の鎌田實(みのる)先生が務めています。

湾岸戦争後、イラクの子どもたちの白血病やガンにかかる子が目立っています。その理由には、米軍が使用した劣化ウラン弾があるとみられていますが、因果関係は証明されていません。「目立っている」とあえてかきましたが、過去にどのくらいの子どもたちが白血病やガンにかかっていたかの明確な統計もないため、「増えている」と明言しにくいのが現状です。

ただ、白血病やガンの子どもたちが、あるいは奇形で生まれる赤ちゃんが、バスラ、モスルといった劣化ウラン弾を使用した地域で、湾岸戦争後、多くみられるようになったという事実だけがあります。イラク戦争では自衛隊が派遣されたサマーワでも劣化ウラン弾が使われました。そして、サマーワでも白血病やガンにかかる子が目立っているそうです。

2月14日をチョコ募金の日に!

限りなき義理の愛大作戦1
入院中の子どもたちにとっては絵を描くのは楽しみの1つ。だからとても明るく描かれています。
チョコは、六花亭のアーモンドヤッホー。JIM-NETの趣旨に賛同し、原価で提供してくれています。パッケージはガンの治療を受けている院内学級の子どもたちと、バグダッドにあるパレスチナの難民キャンプの子どもたちが描いた絵です。チョコを買ってくれる人への御礼として描いてくれています。

価格は1セット500円ネットでは4セットが1口で2000円でとして販売しています。500円のうち100円は必要経費で、400円が子どもたちの薬代などに使われます。およそ、1人1日分の薬代に相当するそうです。つまり、チョコを買うことは募金になるチョコ募金なのです。

チョコレート業界では、年間の5分の1をバレンタインの時期に売り上げるといいます。それだけの市場があるのなら、2月14日は単純にチョコを贈るだけではなく、多くの人が幸せになるための愛を届ける“チョコ募金の日”としてしまってもいいかも! 

早めの予約がおすすめです!

限りなき義理の愛大作戦3
「チョコ1つ分の売上げが、1人1日分の薬代になります。バレンタインにはそんな哲学のあるチョコをぜひどうぞ」と鎌田先生。
ただし、このチョコ、大人気で、例年、あっという間に売り切れてしまいます。今年は7万口を用意しましたが、すでに3万7000口が売れたそうです。なので、「いいかも~」と思ったら、ぜひ早めに!

去年も買って「今年も待っていました!」というリピーターがとても多いのだそうです。
「厳しい時代ですけれど、あたたかい心をもっている人がこんなにたくさんいると思うと、うれしいですよね。皆さんの心意気を感じますよね」と鎌田先生。

ガイドも昨年に引き続き、今年も申し込む予定です。昨年は、小学生の娘の“友チョコ”に使わせていただきました。贈った“友”より、パッケージを見たお母さんが興味を持ち、「これは、どこで買ったの?」と質問されたそうです。子どもたちの幸せを願う気持ちに国境はありませんものね。チョコを買いながら、ほんの少しでも子どもたちの役に立っていると聞くと、あたたかい気持ちになります。

今年は、あなたもいかがでしょうか。詳しくはJIM-NET「限りなき義理の愛大作戦2009」に問いあわせてくださいね。写真展や講演会などの関連イベントも目白押しです!