ニセ募金団体を見極めるには?

気の滅入るような事件が頻発し、人を信じにくくなっている時代。だからこそ、「募金なんて……」と知らぬふりをするのではなく、足を止め、何を訴えているのかに耳を傾け、納得できたら協力する。その気持ちだけは、忘れないでほしい。
では、募金をする私たちが、ニセ団体かどうかを見極めるにはどんな点に注意すればいいのでしょうか。

まず「何のため」もしくは「誰のため」の募金か、集まったお金はどこに送られ、どう使われるかを確認することが大切です。もし、印刷物を配っていたら、事務所の住所や電話、代表者名、URLなどが明記されているかも確認するいいでしょう。「みつみちゃんを救う会」のように、当事者の写真などの具体的な情報が、その場でどれだけ得られるかも判断の目安とすることができます。

ニセ団体にこれらのことを尋ねると、地元警察署の名で発行されている許可証を見せ、うやむやにしようとすることがあるそうです。でも、これは道路使用許可証。警察署が募金の正当性を示すような書類を出すことは、絶対にありません。もし、不審に思ったら、日常の活動状況、収支報告の公開方法と時期なども確認するといいでしょう。

ただ、これらはあくまでも自衛手段にすぎません。通りがかりの街角で、揃いの服を着て、のぼりを立て、募金の目的や団体の概要、住所、電話、URLなどがそれらしく表記された印刷物を配りながら、堂々とニセ募金活動を行っていたら、それほど疑問に思わず、募金箱にお金を入れてしまうでしょう。

後でだまされたとわかっても、金額が数百円から数千円程度の街頭募金の場合、大半の人は「仕方がない。今後は怪しい団体には近づかないようにしよう」と考え、それ以上は追及しようとは思いません。

ニセ街頭募金はそういった人の心理をも悪用した犯罪である点が、なおさらタチが悪いのです。

最近は、聞きなれない名前だけではなく、誰でも知っている既存の団体名や、それと酷似した名前を名乗って、堂々と募金活動をしている実態も報告されています。より手口が組織的で巧妙になってもいるのです。見極めるための決定策はないといってもいいでしょう。

活動を行う人と募金をする人、双方の間での信頼を強めたい

街頭での募金活動は、信頼が命の活動です。

その信頼に便乗するニセ募金活動は明らかに詐欺行為です。何らかの法的な対策を考えていこうという動きも出てきました。現在のところ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。