最近感じていることは、良い評判が立つと、その学校にダッーと志願者が殺到する傾向が見られることだ。みんなと同じ志望校を選択するということは、受験倍率が上がることであり、合格を難しくする。さらには、入学後に校風が合っていなかったと苦労する子どもがいる。お子さんに合った志望校選択をもう一度考えていただきたい。

志望校は多面的に見る

では、そのためにどうしたらよいのか。それは多面的な見方をするということである。とかく難易度すなわち偏差値で学校を選んでしまいがち。しかしその他にも学校選択の要素がある。下の図を見てもらいたい。

レーダーチャート
志望校を複眼的に見るようにすれば、いいところ・悪いところがくっきりする

「難易度が高く進学実績も良いが、特別な大学受験指導はなく修学旅行を実施しないA中学」と、「A中学よりは難易度が低く進学実績もA中学には及ばないが、新校舎で環境・設備が良く大学受験指導もしっかりして、海外への修学旅行があるB中学」のどちらがいいだろうか。

難易度や進学実績だけならA中学が選ばれやすいが、このように比較するとB中学も捨てがたいと思える。多面的な見方にはこのような効用がある。同じように第2志望、第3志望校まで見ていくと、思いがけない学校が浮かび上がってくるかも知れない。

週刊誌の大学合格実績特集だけを眺めていては気づかないポイントを確かめて、比較できるようにするのが学校説明会だ。ガイドブックでは分からない実際の雰囲気を感じ、その家庭なりの比較表を作り志望校を検討していただきたい。

学校選びは友達選び

多感な十代を6年間一緒に過ごすことになる中高一貫校は、学校選択と同時に友達を選ぶということでもある。思春期に大きな影響を受けるのは同年代の大人よりも友達だ。どんな生徒の中で生活をするのかをしっかり見て欲しい。

子どもが同伴可能な説明会なら参加者の子どもに注目し、もちろん公開授業で生徒に注目し、登下校や放課後の生徒の姿を見ることができれば、なお良い。文化祭や体育祭も生徒の地を見るのにはいいだろう。

周囲に勉強する生徒が多い環境では、言われなくても自発的に勉強するクセが身につく。

学校説明会へ父親が参加するメリット

学校説明会はもとより入学後の保護者会にも父親の姿が増加してきた。それだけ子育てを意識する男性が増えたのだろう。男性向けビジネス雑誌が盛んに教育や受験を取り上げるようになったことも大いに影響している。

学校は営利企業ではないが、教育サービスを提供する企業という側面もある。ビジネスという観点からこの側面に光を当てるのに父親が役に立つ。もちろんキャリアを持つ母親は自身で分析可能だと思うが、女性とは異なる視点で学校を見ることができる。

雑誌などの情報で頭でっかちになっては困るので、ここでも実際に学校を見て情報と実際の印象を橋渡しすることは大切だ。

また小学校にしろ中学校にしろ、両親が共に目標を共有して臨むことは好ましい結果をもたらす。

以上見てきたように、志望校選択にあたっては多角的に学校を見ることが大事で、さらに父親母親それぞれの視点で見るとなお良いことがおわかり頂けただろうか。

連休も過ぎたこの時期、「自分は間違った学校へ入学してしまったのではないか……」と悩む生徒が少なからずいる。そうならないためにも、各学校の特徴を肌で感じて欲しい。
関連記事
【中学受験】併願作戦で乗り切れ! 偏差値と志望校
お子さんの未来を選択する☆ 志望校の選び方(小学校編)
小・中学校見学のポイントはココ!
中学校検索・志望校選択
小学校検索・志望校選択
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。