【もくじ】
小学校受験の特殊性
小学校受験に一般論はない
なぜ私立小学校を選ぶのか

なぜ私立小学校を選ぶのか

さて、一般論が成り立たないとすれば、ポイントとなるのは、「なぜわが子が初めて触れる義務教育を私立の学校で受けさせたいのか」という点を深く考えることだ。大きく分けて

■進学重視派
大学進学時点で難関大学をわが子に目指して欲しい。

■環境重視派
わが子には整った教育環境で心身共にバランス良く育って欲しい。

遠足の子ども達
学校を選択する際に軸をぶれさせないことが大切
となるであろう。進学重視派の中にも小学校の環境を特に気にする家庭もあれば、環境重視派の中にも進学実績も加味して選ぶという家庭もあって当然なのだ。

最も大切に思って譲れない点を踏まえた上で、小学校から大学まで系列校にしたいのか、あるいは中学受験で他の学校へ行くのか、どちらでもなく志望校で思うような結果でなければ公立へ行くのかなど、それぞれの家庭にあったコース選択をしていただきたい。そうすることで迷いがなくなるはずだ。
<関連記事>
子供の未来を選択する志望校の選び方(小学校編)(2004/5/24)
2006年私立小学校・中学校説明会情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。