定年・退職のお金

60歳以降も働いている人の平均年収ってどれくらい?

60歳以降も働いている人の平均年収はいくらでしょうか? 正社員、非正規社員、男女、最終学歴別の60歳から64歳、65歳から69歳、70歳以降の平均年収を紹介します。

福一 由紀

執筆者:福一 由紀

ファイナンシャルプランナー / 仕事・給与ガイド

  • Comment Page Icon
人生100年時代の今、60歳を超えても働き続ける人は増えています。老後のお金のために働く人もいるでしょう。また、社会との関わりを持ちたい、自分の経験を活かしたいなどという理由もあるでしょう。では、60歳を過ぎても働く人の収入はどのようになっているのでしょうか?

正社員の年収は60代前半530万円、60代後半440万円、70代以降400万円

60歳以上の正社員、非正規社員別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が計算。出典:令和5年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

60歳以上の正社員、非正規社員別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が計算。出典:令和5年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

画像の表は、60歳以上で働き、給与を得ている人の正社員、非正規社員別の平均収入です。正社員では、60歳から64歳で年収533万2900円、65歳から69歳で442万1400円、70歳以上で408万400円でした。

同じ調査で、55歳から59歳の平均年収は661万円でした。この55歳から59歳の平均年収と比べると、60歳から64歳は80%、65歳から69歳は67%、70歳以上は62%ほどになっています。55歳から59歳の平均年収は、全年齢で一番の高所得となっています。その現役時代の最高所得に対して、60歳を超えても6割から8割を得ています。正社員で仕事を続けていると、再雇用などで所得は減るものの、高収入を維持しています。

非正規社員の年収は60代前半380万円、60代後半320万円、70代以降290万円

非正規社員の平均年収をみると、60歳から64歳で380万9300円、65歳から69歳で320万7100円、70歳以上で286万5700円でした。

非正規社員の平均給与は、労働時間など条件が違うので一概に比較はできませんが、正社員よりはかなり少なくなっています。特に、ボーナスは正社員との大きな差となっており、60歳から64歳で37万円、65歳から69歳で23万円、70歳以上で28万円も差がでています。

正社員男性は60代前半の平均年収570万円

60歳以上の正社員の男女別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が計算。出典:令和5年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

60歳以上の正社員の男女別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が計算。出典:令和5年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

次の表は60歳以降の正社員の男女別の平均年収です。60歳から64歳の男性の平均年収は571万5100円。50代後半は725万円なので、約2割は減っているものの、現役世代にひけをとらないかなりの高収入となっています。

女性の平均年収は、男性よりも少ないとはいえ、60歳以降も年収360万円から430万円をなっています。非正規社員の平均よりは上回っており、正社員で働き続けると高収入を維持できることがわかります。

非正規でも女性70歳以降の年収235万円

60歳以上の非正規社員の男女別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が計算。出典:令和5年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

60歳以上の非正規社員の男女別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が計算。出典:令和5年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

こちらの表は、非正規社員の男女別の平均年収です。60歳から64歳の男性の平均年収は434万4100円。正社員の571万円からは130万円程度は減ってはいます。とはいえ、年収430万円といえば、正社員男性の20代後半の平均給与に近く、しっかりと稼げているのがわかります。

70歳以降の女性でも平均年収245万8800円と、働く環境は厳しくなりそうなところですが、しっかりと収入を得ています。元気で働く意欲さえあれば、年収200万円程度の収入が得られそうです。

大学院卒は年収1000万円超えも

 
60歳以上の正社員、非正規社員の最終学歴別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が集計。出典:令和5年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

60歳以上の正社員、非正規社員の最終学歴別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が集計。出典:令和5年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

最後に最終学歴別の平均年収をみてみましょう。大学院卒の給与が、他の学歴と大きく差がでています。正社員で年収1000万円超え、非正規でも年収700万円程度となっています。大学院卒というと、医師や薬剤師など専門的な職業についている人も多いでしょう。特別な資格や技術があると、高齢者でも年収1000万円超えが望めそうです。

60歳を過ぎても、きちんと働き収入を得ている状況がわかりました。健康で働く意思があれば、年収250万円から300万円ほどは得られるでしょう。老後に受給できる年金が少ないと不安がる前に、生活費を少しでも稼ぎ続けると、老後のお金の不安も減少するでしょう。現役時代から、長く働ける環境を作り、健康でいることが何よりも大切です。
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/7/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます