年齢計算する前に!エクセルの「日付の表示形式」を決めましょう

日付の表示形式は好みが分かれますね。/(スラッシュ)で表示したい人、.(ドット)で表示したい人、年月日で表示させたい人、とはっきりと別れますので、自分の好みで表示を変えておきましょう。

セルの書式設定は、セルの中で右クリックをし、表示されたメニューから「セルの書式設定」を開き「表示形式」より「日付」をクリックして、好きな表示形式に変えておきましょう。

<目次>

 

TODAY関数や「セルの書式設定」を利用して年齢を求める方法






「セルの書式設定」を利用して年齢を知るためには、今日の日付生まれた日を使います。今日の日付を出す関数はTODAY関数=today() )です。A1のセルに自分の生年月日。A2のセルに関数を入れてみましょう。今日の日付が出ましたか?

もし今日の日付がでないとすると、あなたのパソコンの内蔵時計が狂っている可能性があります。Excelでの時間や日付の計算はパソコンの内蔵時計を基準にしています。

時計の調整は ディスプレイ右下の時計の部分をダブルクリックします。でてきた時計とカレンダーを見て、あっているか確認をしてください。

Excel2016での操作画面

 


(今日の日付)-(誕生日)をA3のセルに入れます。A3のセルには年月日が入ります。これを書式設定で年数だけにします。

A3 =A2-A1

A3に記入

A3に記入

A3のセルを右クリック、セルの書式設定をクリック、分類を[ユーザー定義] 種類の欄に入っているものを削除して「 y 」(年・YEARの意味)を入力し、OKをクリック。
 


すると、年齢が出てきます。

 

DATEDIF関数を使って年齢を表示する方法

B1のセルをクリックします。
 

DATEDIF関数とは、開始日と終了日を指定して、その期間内の日数、月数、または年数を返す関数です。先ほどせっかくTODAY関数で今日の日付を出す事をしましたので、このDATEDIF関数でtoday()から誕生日の入力してあるセルA1の期間の年数を出す計算をしましょう。

年数で表示をするときは、年(YEAR)のyにダブルクォーテーションをつけます。”y”

=DATEDIF(A1,TODAY(),"Y")

年齢が出ました。これで「あれ?おかあさんっていくつになったんだっけ?」なんてことなくなりますね。

【関連記事】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。