税金

住民税非課税世帯だとNHK受信料は安くなる?

お金のこと、難しいですよね。老後の不安から、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人も多いのではないでしょうか。皆さんからのちょっとした疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、住民税非課税世帯の場合、NHK受信料は安くなるのかについてです。専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。

執筆者:All About 編集部

  • Comment Page Icon
お金のこと、難しいですよね。老後の不安から、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人も多いのではないでしょうか。皆さんからのちょっとした疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、住民税非課税世帯の場合、NHK受信料は安くなるのかについてです。専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。

Q:住民税非課税世帯だとNHK受信料は安くなるの?

「住民税非課税世帯の場合は、NHK受信料は安くなったりするんでしょうか?」(67歳)
NHK受信料が安くなる要件とは

NHK受信料が安くなる要件とは

A:住民税非課税世帯というだけでは、NHK受信料は安くなりません

NHKは、放送法に基づき、受信料を財源とする公共放送として、さまざまな放送事業を行なっているとされています。

NHKの放送受信料を支払う必要がある人とは、「NHKの放送を受信できる設備を持っている世帯」とされています。しかしNHKは、「日本放送協会放送受信料免除基準」に該当する場合は、放送受信料の全額または半額が免除としています。

■全額免除になるための主な要件は、次のような基準になります。
  1. 公的扶助受給者の中の生活保護法に規定する扶助を受けている
  2. 世帯構成員に「身体」「知的」「精神」いずれかの障害を持っている人がいて、世帯構成員全員が市町村民税非課税の場合
  3. 社会福祉施設等入所者
  4. 一定の要件を満たした奨学金受給対象等の別住居の学生

■半額免除になるための主な要件は、次のような基準になります。
  1. 『視覚・聴覚障害者』
  2. 重度の『身体障害者』『知的障害者』『精神障害者』『戦傷病者』

これらの要件は、何らかの障害を持っていることによって、NHKの放送を正確に見ること・聞くことが困難で、そういった障害の人がいる世帯の生活の事情を考慮して決められているものです。
 
したがって、住民税が非課税ということだけでは免除の対象にはなりません。

※専門家に質問がある人はこちらから応募するか、コメント欄への書き込みをお願いします。

監修・文/深川 弘恵(ファイナンシャルプランナー)
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/6/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます