「爪は健康のバロメーター」なんて言われますが、確かに爪の状態は健康状態をある程度推測することもできます。また、健康が直接原因ではない症状もあります。今回は、よくある爪の状態とその原因をご紹介します!

※体質やその日の健康状態によって爪の異常であると見えることもあります。気になる方は医師の診察を受けられることをおすすめいたします。
 

健康な爪の状態はこれ!

健康な爪の状態は毛細血管の色が透けて見えるため、全体的に薄いピンク色をしています。爪は一日に0.08~0.12mm伸びます。爪の根元が乾燥すると、爪の形成に必要な水分や油分が充分に補給されないため、健康な爪が育成されません。
健康的な爪
健康的な爪のモデル。健康的な爪にするには、水分と油分の補給が必須なのです!

(1)ネイルプレート(爪甲):一般的に爪と呼ばれる、全体を指します。硬質ケラチンでできています。
(2)ネイルベッド(爪床):ネイルプレート下の土台部分。本来は無色透明のものですが、毛細血管の影響でピンク色に見えます。
(3)ルヌラ(爪半月):爪の根元にある白っぽい部分を指します。

そして爪に異常が出てくる原因として、次の4つの場合が考えられます。

1.爪自体に病気がある場合
2.皮膚の病気に伴って爪にも症状が出てきた場合
3.爪や周辺の皮膚以外の部位の病気に伴って爪に症状が現れた場合
4.病気とは関係ない外的要因の場合


一つの目安として爪の状態をチェックし、異常を感じたら病院での受診をおすすめします。次ページで詳しく解説しましょう!