学校では教えてもらえない「メイク」。一体何から覚えたらいいのか分からない!という方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなあなたの為に、これさえ覚えておけば大丈夫!という3つのメイクのポイントをご紹介。これを覚えれば、徐々に上級ワザにも挑戦できます!

1. ファンデーション
初心者にも優しいパウダリーファンデーションがオススメ!

ベースメイク
まずはベースメイクで肌を美しく仕上げていきます。メイク初心者にオススメなのは、液状のリキッドファンデーションではなく、技術のいらないパウダリーファンデーション。

化粧水を乳液をつけてしっかりと肌をしっとりさせましょう。乾燥肌のままパウダーをすると、粉っぽくなってしまいます! スポンジにパウダーを馴染ませて、肌に滑らせる様にしてパウダーを顔全体に馴染ませていきましょう。トラブルが目立つ部分には、パウダーをとってからその部分を押さえるようにして重ねづけしてあげると目立たなくなりますよ。


2. アイメイク
パレットが便利! なりたい顔に合わせて色をセレクト

アイメイク
アイメイクは単色買いするよりも、パレットを選んだ方がバランスも良くオススメ。ナチュラルメイクにしたいなら、ブラウンやゴールドなどの入ったパレット。クールな印象にしたいなら、グレーやブラックの入ったパレット。優しい女性らしい印象にしたいなら、ピンク系の入ったパレット。自分のなりたい顔にあわせてパレットをセレクトしてください。

今回は基本とも言えるブラウン系をセレクト。基本的にアイメイクは薄い色をベースにのせて、その上に濃い色を重ねていくもの。まずは薄いベージュを目のくぼみであるアイホール全体に馴染ませます。次に、ブラウンを目のキワ(ちょうどチップを横にした幅程度)に馴染ませていきます。馴染ませ終わったら、指で2色の境目をしっかりぼかす事で、自然な仕上がりに。


3. グロス
色付きグロスで口紅+グロスの一石二鳥!

リップメイク
メイク初心者にオススメなのは色付きグロス。グロスには透明なものと、色がしっかりとついているもののツータイプあります。色付きなグロスだと口紅を塗る手間もかからず、口紅の色+グロスのツヤ感がでるので、初心者にはオススメです。

まずは上下唇の中央にグロスをちょん、とのせたら、のせたグロスを左右に伸ばして唇に馴染ませます。中央に多くグロスがのる事で、立体的でバランスの良い唇を作ることができます。






いかがでしたか? この3つさえ覚えておけば、後はアレンジを加えていくだけ。このほかにもメイク初心者向けな記事をバンバン書いているので、過去記事も参考にしてみて下さいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。