ファンデを塗っても顔のクスミが気になったり、顔色が冴えない時にはコレ。チークは入れるポイントさえおさえておけば、クスミを消すだけではなく、小顔にみせてくれる優れもの。子供っぽくならずに、上品に使えるチークの入れ方をご紹介。

今回使用したアイテム
・チーク(ピンク)
・チークブラシ

グラデーションチークで顔をシェイプ

ステップ1
【STEP1】 まずブラシにチークをとり、手の甲でチークをブラシになじませます。ブラシに均等にチークがいきわたらないと、頬一点に色が集中してしまい、子供っぽくなってしまいます。必ずなじませましょう。まず、画像の点線部分を矢印の方向へサッと軽く色づく程度にチークをのせます。一塗りでふわっと優しくチークをのせる事ができる大きなブラシがおすすめ。

ステップ2
【STEP2】 次に頬骨の一番高い位置(画像点線部の内側枠)にチークをのせます。チークの濃さを2段階にすることで立体感をだし、頬骨の一番高い位置にチークを濃くいれることで、頬をあげて見せリフトアップ効果を狙います。

ステップ3
【STEP3】 STEP2でブラシに残ったチークを画像点線部にサッと印象程度にいれます。STEP1のチークと平行になる様にチークをのせるのがポイント。新たにチークをブラシにとらず、そのまま使用するのが小顔チークのポイント。

ステップ4
【STEP4】 最後に更にSTEP3で残ったチークを画像点線部にいれます。これもSTEP1と平行になる様にいれましょう。チークをいれる位置が上にいくにしたがって、色が薄くなるようにします。三段にチークを入れることで顔を自然にシェイプしてみせてくれるのです。



小顔チークは欲張って、入れすぎてはダメ。軽く色づく位に優しくのせてあげてください。筆をこすりつけず、ふわっと優しく肌に滑らせてあげるのがコツ。 チークはクスミを隠す、小顔に見せる、リフトアップして見せる、と良いことばかりの優秀アイテム。普段チークを使わないなんて女性もこれを機に是非チャレンジしてみてください。新しい自分に感激できるはず!

before
画像をクリックすると拡大します。
after
画像をクリックすると拡大します。
関連リンク
1/3ラインでリフトアップ効果
立体リップで口角アップ!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。