草津温泉は日本有数の酸性泉の名湯!

草津温泉
草津温泉のシンボルであり、代表的源泉の湯畑

草津温泉(群馬県)は、もくもくと湯煙の上がる湯畑でお馴染みの、国内で最も人気のある温泉の一つ。室町時代以前から名湯として知られ、現在も湯量が豊富。湯温も50~94度と高く、名実ともに日本を代表する名湯です。

草津温泉の源泉、泉質および効能

草津温泉
温泉街中心部の湯畑に隣接してある白旗源泉
温泉街中心部には草津温泉のシンボルであり、代表的源泉の湯畑があります。徳川吉宗が江戸城まで湯を運ばせた程、名湯として名高いものです。

もう一つの主力源泉が万代鉱源泉で、山中からの引き湯です。草津の温泉は酸性が強く殺菌力が高いので、昔から特に皮膚病に効くといわれてきました。