運動に対するハードルを「究極に」下げるエクササイズ

くつろいでテレビを見る女性

のんびりとテレビを見る時間に、ほんの少しだけ運動を取り入れる効果は……?

運動が体型維持にも健康にもいいとはわかっているものの、毎日忙しくて運動できない人は多いのではないでしょうか。時間が取れない方も、運動を始めたことはあるものの長続きしなかったという方も、まずは運動のハードルを究極に下げることが大切です。

「運動のために時間を捻出しなくては」と考えるのはやめて、「いつもの時間の中に無理なく運動を取り入れて」みましょう。仕事や家事を終えてテレビや動画を見ながらでもできる、準備不要の3つの自重トレーニングをご紹介します。寝転がったり、うつ伏せになったりした姿勢でも、無理なく手軽にできるところがポイントです。
 

寝転がりながら手軽に運動効果! 3つの自重トレーニング

■ヒップアブダクション…お尻を引き締めるエクササイズ
ヒップアブダクション

横になった状態でお尻の外側を意識して足を挙げよう

横向きの姿勢をとります。お尻の外側を意識しながら上側にある足を軽く挙げます。上にある手を床について体を支えるようにすると安定します。その状態で10~15秒程度キープしたら元の位置に戻ります。これを3回ほど繰り返して、反対側も同様に行います。CM1本分(15秒)を目安に行ってもいいですね。

■ヒップアダクション…太ももの内側を引き締めるエクササイズ
ヒップアダクション

横になった状態で上の足を前にクロスさせ、下にある足を床から浮かせよう

同じように横向きの姿勢をとり、上にある足を前にクロスさせて床につけます。そこから下側にある足を浮かせるように上に挙げます。床からほんの少し浮くだけでも十分です。その状態を10~15秒程度キープし、元の位置に戻ります。これを3回ほど繰り返して、反対側も同様に行います。普段意識して使うことの少ない太もも内側も簡単に鍛えることができます。

■ヒップアップ…お尻と太もも後面を引き締めるエクササイズ
ヒップアップ

寝転がった状態で片足の膝を曲げ、つま先が引っ張られている意識で足を上に挙げてみよう

うつ伏せの状態で片方の膝を90度程度曲げます。そこからつま先を上に向けて足全体を浮かせるように挙げます。こちらも床からほんの少し浮くだけでも十分です。その状態を10秒程度キープしたら足を下ろします。これを3回程度繰り返して、反対側も同様に行います。腰や背中に痛みや違和感を生じる場合は行わないようにしましょう。

今まであまり運動をしていなかった方は、最初は自分の足の重さに驚かれるかもしれません。自分の体を使って行うエクササイズは低負荷でありながら、筋肉の引き締め効果が期待できます。テレビや動画を見ている時間をうまく使って、無理のないところからぜひ自重トレーニングを取り入れてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項