そりゃ毎朝メイクに1時間かけられればいいけれど、そうもいかないのが人生。気がつくと「出発5分前なのにまだノーメイク!!」なんて日もあったりしますよね。

一般的にはそんな時は“とりあえず口紅だけ……”みたいに言われますが、メイクファンならあきらめないで!5分もあれば、それなりにメイクは完成できるのです。今回はそんなガイド流“時短メイク”をご紹介します。


時短のキモは何を“しない”か

メイク時間を短縮できても、それが単なる“手抜き”になってしまったのでは意味がありません。時間はかけず、それなりにキレイを実現するのが時短メイクの目指すところ。「じゃ、何をすればいいの?」への答えは、ずばり「まず、何を“しない”かを考えること」

つまり、必要度の低いプロセスを削って、必要なトコだけ重点的にメイクしていけばいいのです。例えばメイク時間が5分しかないのなら、顔に“色”をのせるのはきっぱりあきらめてナチュラルメイクに切り替えるべき。的を絞ることで、ひとつひとつの手順に時間をかけることが可能になります。

鍵となるのは“肌”と“眉”

ガイド流“時短メイク”のキーワードは「肌5、眉3、ポイント2」。メイクの仕上がりを大きく左右する“肌”と“眉”に重点を置いたプロセスです。“色”はあきらめたので、アイシャドウなどのカラーアイテムは使いません。

例えばメイク時間が5分なら、ベースメイクに2分30秒、眉を描くのに1分30秒、その他ポイントに1分をかけるといった「5:3:2」のペースが理想となります。もしも時間が足らないようであれば、ポイントの部分は削ってもOK。肌と眉さえできていれば、それなりに“メイクした顔”に見えちゃうものなのです。

アイテムを厳選して“時短セット”をスタンバイ

いつも同じアイテムで同じメイクをしている人は、それだけで“時短メイク”を実践しているもの。手持ちのコスメが増えれば増えるほど、「今日はどれを使おう……」とアイテム選びに時間がかかってきます。アイテムの組み合わせに迷うのもメイクの楽しみのひとつではありますが、その楽しみは時間がある日までキープ。“時短メイク”用のアイテムを普段から一式そろえておくとスピードアップに役立つのです。

さて、“時短メイク”に必要なアイテムとは……、

・下地
・コンシーラー
・練りチーク
・パウダーファンデーション
・アイブロウペンシル
・マスカラ
・リキッドリップ

……ん? 意外に多いと思いますか?
大丈夫。それぞれのステップに時間をかけなければ、たった5分でこれらすべてを使ったメイクが完了できちゃうんです。

さあ、用意ができたらさっそくメイクに取り掛かりましょう。次ページで、“5分メイク一本勝負”を実況します!


もっと知りたい! 関連リンク集
時間はかけてもきっちりメイクしたい!
→「
All About メイクアップレッスン」へ
部分別にメイク方法を復習したい!
→「
部分別メイクのHOWTO」へ
ついでにお部屋も“時短掃除”!
→「住まいを考えるサイト 突然のお客・対応術!」へ