パーティに、夜遊びに……ココ一番のメイクにアクセントを加えるのが、ラメやパールなどの輝き。中でもパウダータイプのグリッターは、フェイスだけでなくヘアやボディにと自由に使えるのが魅力です。

とはいえ「キュートなパッケージに惹かれて思わず買っちゃったけど、どう使えばいいのか分からない~」なんて声も多いもの。ベーシックメイクに「遊びゴコロ」のスパイスを加える、グリッターパウダーの徹底使いこなし術をご紹介します。

顔に……グリッターを顔に使う場合、つけすぎは禁物。眉下のハイライト部分から頬骨の上にかけて(右図参照)、少しづつのせていきます。パウダータイプのグリッターは、そのままつけると落ちてしまうので、つけたい部分に乳液や美容液を薄ーく伸ばした上からのせてみてください。

デコルテに……胸の開いた洋服を着るときには、デコルテの鎖骨部分にグリッターを。骨の出っ張った部分を中心にのせていきます(左図)。適量を手のひらに出してから、ボディクリームなどに混ぜて塗りつければ完成。叶姉妹の美香さんは、キラキラアイシャドウをボディクリームに混ぜてお使いとか……。

髪に……スタイルによっては髪にもグリッターを。特にアップスタイルにしたときには、ヘアワックスなどで毛の流れを整えた上からラメパウダーを振りかけてみて。シンプルなまとめ髪も、光の加減でキラキラ輝くゴージャスなパーティヘアに早変わり。

まつげに……ドラッグストアなどで格安で手に入る、透明マスカラのボトルにラメパウダーをイン。よく混ぜて使えば、手作りラメマスカラの完成です。

爪に……お気に入りネイルを塗った上から、ラメパウダーを振りかけるのもおすすめ。容器からいったんパウダーを紙の上などに出し、少しずつ指につけて使えば簡単です。

おすすめアイテム(ブランド名をクリックで公式サイトへ)
ランコム ミクロ パイエット [元は限定品でしたが、定番化しつつあるようです]
メイクアップフォーエバー グリッター (LVMHニューコスメティックス)
アーバン ディケイ アーバンFXパウダー (LVMHニューコスメティックス)
ブルジョワ フィルトル ドゥ ナクル

この輝きは今年だけ……
2001年冬の限定アイテムチェックは
こちらから



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。