キッザニア甲子園「東京」とはここが違う!

いよいよ待望の「キッザニア甲子園」が2009年3月27日、兵庫県西宮市にOPEN!「キッザニア」としては東京・豊洲の「キッザニア東京」に続き、国内で2番目の施設となります。そこで気になるのは「2つの施設はどこが違うの?」という点。「キッザニア甲子園」に登場した日本初のパビリオンや、同じように見えても「東京」と「甲子園」では違った体験ができるなど、2つの施設の違いと魅力をご紹介します。
※参考 お仕事体験タウン「キッザニア」って何!?(2006.2.10掲載)

<目次>
広さや料金など、施設概要の違いは?
「キッザニア東京」にはなかった日本初のパビリオン
スポンサーが違うと体験できる内容も違う?
同じに見えても、実は違う体験ができるパビリオン
「キッザニア東京」にしかないパビリオンは?


広さや料金など、施設概要の違いは?

キッザニア甲子園の飛行機
入場口にある飛行機は本物! その迫力に圧倒されます

両施設は共に広さは約1,800坪(約6,000平米)、パビリオン数が約50と、施設としての規模はほぼ同じです。また、共にショッピングセンターである「ららぽーと」内にあることも共通していますが、「キッザニア東京」は同ショッピングセンターの館内にあるのに対し、「キッザニア甲子園」は同敷地内で隣接した別館となっているのが異なる点です。

営業時間はニ部制となっていて、第一部が9:00~15:00(6時間)、第二部が16:00~21:00(5時間)というのも共通していますが、料金に関しては一般入場料が「キッザニア東京」よりも「キッザニア甲子園」の方が各100円安い設定となっています。なお、幼児(0~2歳)が無料なのは両施設共通。(※「キッザニア東京」は、2009年4月1日に営業時間と料金の変更あり。上記では変更後を比較)

キッザニア独自の通貨「キッゾ」や「キャッシュカード」、また車の「運転免許証」などは両施設共通なので、例えば「キッザニア東京」で銀行に入金したキッゾを「キッザニア甲子園」のATMで引き出すことも可能です。