LINEメッセージの一部分だけコピーが可能に!

LINEの友だちから届いたメッセージ(トーク)。その一部分だけをコピーしたいときってありますよね。

例えば、友だちと食事へ行く話をしていて「どこへ行こうか?」となったとき、「こんな店があるよ」と友だちから送られてきたとします。これまでは、トークの文章に記されている店名だけをコピーすることはできませんでした。

正確には「トーク」の文章を一旦「(LINEの)ノート」に保存し、その「ノート」の文章から一部分をコピーするといった方法などはありました。ただし、直接「トーク」の文章をコピーしようとすると、1つの「トーク」全体をコピーすることしかできなかったんです。

新しいバージョンのLINEアプリでは、その一部分のみのコピーが可能になったのです。

まずは、LINEアプリを最新バージョンにしておきましょう。2021年7月以降のバージョンであれば、一部分のコピーが可能です。

iOS(iPhone)はココでアップデート
Androidはココでアップデート
 

「トーク」を長押ししてコピーする

さっそく、コピーしたい箇所のある「トーク」を1秒ほど長押ししてから、(iPhone版では)指を離してください。すると「コピー」をはじめとした「Keep」「削除」「リプライ」などの機能アイコンが現れます(Android版では長押しするだけで、機能アイコンが開きます)。

この中から「コピー」を選びます。
コピーしたい箇所のある「トーク」を長押しする。ここでは「天丼の伊勢屋」を狙ってコピー

コピーしたい箇所のある「トーク」を長押しする。ここでは「天丼の伊勢屋」を狙ってコピー

今までは、文章全体のコピーしかできませんでしたが、今はコピーしたい範囲を指定できます。はじめは文章全体が指定されていますが、文章の前後にある「●」を触りながら左右に動かします。コピーしたい範囲を指定し終わったら「コピー」をタップします。

これで、選択した箇所だけをコピーできています。
文章の前後にある「●」を、それぞれ「天丼の伊勢屋」に合わせてスライドさせる。コピーしたい範囲を指定したら「コピー」をタップする

文章の前後にある「●」を、それぞれ「天丼の伊勢屋」に合わせてスライドさせる。コピーしたい範囲を指定したら「コピー」をタップする

 

「コピー」した文章を貼り付ける(ペーストする)

前述までの操作で、スマートフォンが「コピーした文章」を記憶してくれています。

あとは、文章を貼り付けたいところで、長押しします。

例えば、他の友だちとの「トーク」で使いたい場合は、その友だちとの「トーク」画面を開いて、メッセージを書き込む欄へ行って、長押ししてください。すると「ペースト」という表示が現れます。その「ペースト」をタップすれば、貼り付けられます。

そのほか例えば、どこに食事へ行くかを「トーク」しているときに、相手が言った場所が分からないことも多いでしょう。そんなときには、「トーク」画面内の「虫眼鏡」アイコンをタップします。すると検索画面が下から現れるので、同画面内の入力欄をタップします。
「虫眼鏡」アイコンをタップして、現れた検索画面の入力欄をタップする

「虫眼鏡」アイコンをタップして、現れた検索画面の入力欄をタップする 

「ペースト」をタップすると、コピーしていた言葉が表示される。あとは「検索」をタップ

「ペースト」をタップすると、コピーしていた言葉が表示される。あとは「検索」をタップ 

検索された内容を相手に送りたい場合は「トークに送信」をタップ。「トーク」画面に表示される

検索された内容を相手に送りたい場合は「トークに送信」をタップ。「トーク」画面に表示される

こうした便利な使い方もできるようになりました。

なお、「コピー」した内容は、LINEアプリ内だけでなく、ほかのアプリを開いたときにも「ペースト(貼り付け)」できます。

「トーク」をコピーして、別途ChromeやSafariなどのブラウザアプリを開いて「ペースト」して検索してもいいし、ほかのメールアプリを開いて「ペースト」することもできます。

いずれにしても、何度か使ってみれば、簡単にマスターできるはずです。意外と便利なので、ぜひ使ってみてください。


【おすすめ記事】
LINEで文字を打つときに出る「あの表示」を消す方法
LINEの友だちを完全に削除する方法! ブロックや非表示との違いは?
「メンションされました」とは? LINEのグループトークで指名する方法
LINEのキャッシュを削除して容量を軽くする方法!
LINEの「ピン留め」とは?特定トークを上部に固定する便利な使い方

 


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。