白いんげん豆ダイエット法で下痢・嘔吐


5月6日(土)に、TBSの健康情報番組「ぴーかんバディ」が紹介した白いんげんダイエット法で、下痢や嘔吐を訴える人が数百人にのぼり、TBSはそのダイエット法を控えるように注意喚起を促しています。

経緯についてご紹介するために、番組の流れをまとめると次のようなものでした。

TBS「ぴーかんバディ」(5月6日)放送内容


番組では、まず、太る原因は炭水化物にあるということを紹介します。

そのために、肉や脂肪が多い食品を食べるチームと、炭水化物が多い食品を食べるチームに分け、数週間後、炭水化物を多く食べたチームだけが太ることを紹介しました。

次に、その理由として、炭水化物を食べるとその分解物である糖が体内に入ることでインス(シュ)リンというホルモンが分泌される。そのホルモンによって糖が脂肪として蓄積されるからであると解説しました。

炭水化物
炭水化物が太る主因?そんなこと言い切っちゃって今後の番組大丈夫ですか…?。
その後、専門家の意見として慶友生活習慣病研究所の工藤一彦氏を登場させ「日本人は昔から、ご飯を中心とした炭水化物をたくさん食べてきたせいで、脂肪より炭水化物の方が太りやすい体質」とコメント。

ナレーションで「日本人は体質的に、肉や脂肪よりも炭水化物で太りやすい」と繰り返します。

当然スタジオ内では、炭水化物が太る根本的な原因として議論されます。

そこで、登場するのが”炭水化物を食べても痩せる夢のような粉”(司会者談)。

ナレーションにおいては
「一緒に食べれば大好きな炭水化物をどれだけ食べても太らない魔法の粉」
「これさえあれば、炭水化物食べ放題」
「炭水化物を食べても太らずに、逆にウエストがすっきりする、夢の食材」
「炭水化物を食べても太らない、究極の成分」とその粉の特徴を連呼していました。

そしてその粉の成分名として紹介されたのがファセオラミンです。

番組とは関係ありませんが、私も3年ほど前に注目の商品としてファセオラミン入りのサプリを紹介しています。(記事はこちらより…)

話を戻しますが、番組では明治薬科大学の本橋登先生が登場して、ファセオラミンについて次のようにコメントします。

「ファセオラミンという成分が炭水化物の吸収を抑制して、体の外へどんどん排出してくれるんです」
「ファセオラミンを食事と一緒にとると、食べた炭水化物の約70パーセントがカットされると言われています」
「うれしいことに、ビタミンなどの栄養素はそのままで、炭水化物だけを排出してくれるのです」
「今、アメリカでは、ファセオラミンダイエットが非常にはやっているダイエットの一つなんです」
「… … …」

その後、いくつかのナレーションを挟み番組はファセオラミンを豊富に含む食品として白いんげんを紹介します。

ただし、白いんげんは普通に食べてもダイエットに効果がなく、ダイエット効果を発揮するには、特別な食べ方が必要とアドバイスします。

<<次ページへつづく…>>