年齢とともに変わる理想の仕事のカタチ――30代

若者,若手,若手社員,転職,20代,30代,転職活動,理想の働き方,働き方,長時間労働,残業,自由裁量,裁量,給料,給与

30代は「自由裁量」。同世代との実力差や経験差が現れてくる


■30代の理想の仕事とは
30代の理想の仕事とは、「自由裁量の多い仕事」ではなかろうか。社会人生活に慣れ、下積み経験を積み、失敗と成功を適度に経験した後に多くの人が求めるのは、自分の実力を試すことである。その際に仕事の満足度や納得感を左右するのは、仕事における自由裁量であるからだ。

30代になれば、上司からの細かい指示や管理がなくても、自分の自由裁量で日々のスケジュールや仕事内容を組み立て、顧客や取引先を相手に様々な対応を主体的に実行することができるようになり、仕事の面白みが増えてくる。この時期から同年代の同僚との間に経験差、実力差、そして成果の差が広がり、昇進や昇給にも目に見える形で反映されるようになってくる。

俗に働き盛りといわれる年代の始まりであると言える。30代からは、個人としてのパフォーマンスに加えて、リーダーの役割を担うなど新たなスキル開発への挑戦が始まる人も多い。

転職経験者が多い年代でもあることから、キャリアの岐路に立つ人が多いこともうかがえる。つまり、理想の仕事を求める思いが強まる年代とも言えるのだろう。求人情報に年齢制限が記載されていた時代には、35歳までの若手を募集する求人案件が目立っていた。企業も、この年代を欲しがっているということでもある。
 

ひと世代上の働き方をヒントにして理想の仕事を得る

理想の仕事を得ることを目指して変化を起こす30代の中には、転職だけではなく、自分が経験した仕事経験や業界知識、顧客コンタクトなどを活かして独立する人もいる。会社の事業を成長させるために社員を新たに雇用して、会社を大きくすることを目指す人もいれば、フリーランスのデザイナーのように、個人のスキルを活かして、自分一人で自宅を拠点にして働くことを選択する人もいる。

特にフリーランスの場合は、仕事をする時期や相手・仕事内容、忙しさ、働く時間帯や仕事をする場所などを自分で選びやすく、それらを魅力にフリーランスを続けている人も多い。なかでもマスコミ業界では、30代になってからフリーアナウンサー、フリー編集者、フリーライター、フリーカメラマンというように、自由な働き方を選択する人が増える。

■30代の理想の仕事実現のための働き方とは
では30代で理想の仕事を得るためにはどうしたらいいのだろうか。そのことを考えるには、20代の働き方を考えた時と同様、30代の一つ上の世代である40代の働き方がヒントになる。まずは、昨今注目が集まる多様な働き方に注目してみよう。

多様な働き方を支える制度の代表例として、フレックスタイム制と裁量労働制がある。前者は、仕事の都合次第で始業時間や終業時間を変えることができる制度である。後者は、仕事の時間や場所を問わず、仕事の達成度を重視して自分の裁量で働き方を決めることができる制度だ。

フレックスタイム制はあらゆる年代に採用されていることが多いが、裁量労働制が全ての年代に採用されていることは稀であり、多くは40代以降の一部の管理職に採用されていることが多い。

特に40代の管理職の場合、どれだけ長く働いたか、もしくはいかに熱心に働いたかということではなく、どのような成果を出したか、今そこにある課題にどう対応したか(トラブル対応も含む)、将来に向けた布石を打ち、人材の育成や組織改革にも取り組むことが期待されており、自分の行動と決断の結果を厳しく評価される世代である。

このような40代の仕事ぶりを先取りして実行できる30代に対する社内評価は、どこの会社においても高いものだ。

自由裁量が増えたおかげで大きく成長する人が生まれる現象は、過去10年以上にわたり中・高等教育の現場で主体性を重んじた教育が重視されてきたこととも連動している。学校教育の現場で、アクティブラーニングという言葉を聞くようになって久しいが、今の若い20代、30代の世代にとっては、なじみがあるはずだ。

正解を解くための解法とその応用編の練習を繰り返してたたきこむ実務処理型に優れた秀才を作り出す教育ではなく、正解がわからない複雑で難易度が高い課題と向き合い、立場や過去の経緯、文化や考え方の違う相手との協議と協働を重ねて、利害を調整しながら全体の合意形成に挑戦する人材の育成を日本の教育は目指してきたのである。

その成果は、今の若い世代の言動を通して確認することができるはずだ。30代のビジネスパーソンには、ぜひ10代から20代前半にかけて訓練を繰り返した学校現場のアクティブラーニングの体験を思い出し、今こそ主体性を発揮して、見事に理想の仕事を実現してほしいものだ。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。