難しい年金制度に対する疑問に専門家がお答えします。今回は、ボーナスを支給されると年金保険料や将来もらえる年金にどんな影響があるのかという質問に回答します。
 

ボーナスの金額が多いほど天引きされる年金保険料も多くなるの?

質問:「会社から年2回ボーナスをもらっていますが、年金に与える影響は何でしょうか? ボーナスの金額が多くなると、天引きされる年金保険料が高くなったり、将来もらえる年金も多くなるのでしょうか?」(40歳・会社員)
会社から支給されるボーナスが、年金に与える影響とは?

会社から支給されるボーナスが、年金に与える影響とは?
 

ボーナスから厚生年金保険料が引かれ、将来、年金を多くもらえます

毎月の給与からは、税金の他に、厚生年金保険料、健康保険料(40歳以上の人は介護保険料も含みます)、雇用保険料が引かれていると思います。ボーナスからも同じように引かれます。

毎月の給与から引かれている厚生年金保険料(令和3年度・ 協会けんぽ・東京)は、標準報酬月額×保険料率(18.3%)で計算されます。標準報酬月額とは、給与をもとに1等級から32等級まであり、等級があがれば標準報酬月額もあがります。

給与が高い人ほど標準報酬月額が高くなるという仕組みです。ボーナスから引かれる厚生年金保険料は、ボーナスの額面金額(1000円未満切り捨て)×保険料率(18.3%)で計算します。厚生年金保険料は勤務先と折半しますので、実際には18.3%の半分(9.15%)が引かれています。厚生年金に加入しているということは同時に国民年金にも加入していることになります。その金額の半分を会社が負担してくれています。

厚生年金に加入していると、将来、老齢基礎年金と老齢厚生年金をもらうことができますが、老齢基礎年金は払った期間によってもらえる年金額が変わりますが、老齢厚生年金は払った(給与天引きされた)金額によって変わります。

給与が高い人は厚生年金保険料も多く引かれることになり、ボーナスをもらった人も金額に応じた厚生年金保険料が引かれるので、その分、もらえる老齢厚生年金も多くなるということです。

※年金プチ相談コーナーに取り上げて欲しい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 
監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
青い年金手帳とオレンジ色の年金手帳の違いって何? もらえる年金に違いがあるの?
ねんきん定期便はいつ、誰が、どうやってもらえるの?

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。