4月、5月はGWもあるので、映画界も活気づいて、話題作がめじろ押し! では、必見のおすすめ映画をランキング形式でご紹介していきましょう。

※新型コロナウイルスの感染状況や4都府県への緊急事態宣言の発令により、作品によって公開日が変更されている場合があります。最新の情報は各作品の公式HPをご確認ください。
 

10位『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』(公開延期)

賭ケグルイ

(C)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX
(C) 2021 「映画 賭ケグルイ2」製作委員会

河本ほむら・尚村透の原作による人気コミック「賭ケグルイ」の実写映画化第二弾です。
 
ギャンブルの強さで学園内の上下関係が決まる百花王学園。蛇喰夢子(浜辺美波)の圧倒的な強さに生徒会は気が気ではなかったけれど、そんな中、学園に夢子に負けない最強のギャンブラー、視鬼神真玄(藤井流星/ジャニーズWEST)がやってきた。夢子VS視鬼神の対決やいかに!
 
勉強ではなく賭けごとづくしの学校ゆえに、イチかバチかの世界に生きる生徒たちはみんな終始ハイテンション! このシリーズの持ち味、役者全員のオーバーアクションに加え、ゲームも工夫されていて面白い。荒唐無稽な学園ドラマにハマってください。

※緊急事態宣言の発令等により、公開が延期になりました。
 

9位:『いのちの停車場』(2021年5月21日公開)

いのちの停車場

(C)2021「いのちの停車場」製作委員会

現役医師・南杏子の同名小説の映画化作品で、吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行などスター俳優たちが共演した感動作。
 
東京から故郷の金沢の診療所で働くことになった医師・白石(吉永小百合)は、患者の病を治すことより、生き方を尊重する診療所の治療方針に戸惑いを感じます。しかし、次第に患者自身の希望に寄り添う診療所の方針に理解を深めていくのです。
 
白石医師を含め、診療所の医師たちもそれぞれ事情を抱え、幾重にも織りなす人生ドラマが心に染み入ります。演出は『孤高のメス』『八日目の蝉』などを手がけたベテラン、成島出監督。
 

8位『ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち』(2021年5月7日公開)

ヒノマルソウル

(C)2021映画『ヒノマルソウル』製作委員会

1998年長野オリンピックでスキージャンプ団体が成し遂げた大逆転金メダルの裏側で、代表選手を支えたテストジャンパーたちの勇気ある活動を描いた作品。
 
長野オリンピックで金メダルを狙うラージヒル団体でしたが、悪天候により競技が中断。メダルが危ぶまれたとき、テストジャンパー25名全員が飛べたら競技続行との知らせが届きます。代表選考落ちした西方(田中圭)は、テストジャンパーとしてオリンピックに参加しており、猛吹雪の中、競技場へと向かうのですが……。
 
出演は、田中圭、土屋太鳳、山田裕貴、古田新太など。雪山でのジャンプシーンの迫力がすごい! 栄光を支えた25人のジャンパーたちの勇姿を観ていると、長野オリンピックの感動が蘇る人もいそう。ジャンプ競技の迫力をぜひスクリーンで!