Google Chromeは拡張機能なしで全画面スクリーンショットが撮れる

ブラウザでWebページを閲覧する際によく使う機能として、ページ全体のスクリーンショット(スクショ)があります。調べものをする際に、部分的にテキストをコピーするよりも、全体を閲覧できたほうが便利な場合が多いからです。図や写真などの多いページの場合は、テキストだけよりもページ全体を保存できたほうが資料として役立ちます。

パソコンに標準で搭載されているスクリーンショットの機能は、画面に表示されている範囲のみとなるため、ページ全体を撮るためには、ページをスクロールして、何度もスクリーンショットを撮る必要があります。

Googleのブラウザ「Google Chrome(グーグルクローム)」の場合は、各種の拡張機能が提供されており、ページ全体のスクリーンショットを撮る拡張機能も用意されています。ただ、Chromeに拡張機能を入れることで動作が重くなったり、不安定になったりする場合があるため、極力、拡張機能は入れずに運用したほうが安定します。

ここでは、拡張機能を入れずに、Google Chromeで全画面スクリーンショットを撮る方法を紹介します。
 

「デベロッパーツール」を起動

Google Chromeは、開発者向けのデベロッパーツールでページ全体のスクリーンショットを撮ることができます。

まずはChromeの右上にあるメニューから「その他のツール」→「デベロッパーツール」を選択します。
「その他のツール」→「デベロッパーツール」を選択

「その他のツール」→「デベロッパーツール」を選択

画面右側に「デベロッパーツール」が表示されます。
「デベロッパーツール」表示

「デベロッパーツール」表示

 

スクリーンショットを撮る

「デベロッパーツール」の上部メニューアイコンより、ページ表示をレスポンシブルに切り替えます。
モバイルモードの表示に切り替え

モバイルモードの表示に切り替え

「Ctrl+Shft+P」で、コマンド入力欄を表示させて「Capture full size screenshot」と入力します。
「Capture full size screenshot」と入力

「Capture full size screenshot」と入力

ページ全体のスクリーンショットがpng形式で保存されます。
スクリーンショットをpng形式で保存

スクリーンショットをpng形式で保存

スクリーンショットの実行に手間はかかりますが、Chromeの機能として利用できるので便利に活用できます。

資料作成の際などに、ぜひ使ってみてください。

【参考記事】
Windowsパソコンのスクリーンショットを撮る5つの方法!
iPhoneのスクショを最速かつ片手で撮る方法
Androidで簡単にスクリーンショットを撮影するには?
 

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。