「Zoom(ズーム)」のバーチャル背景は、顔と体だけを切り出して、背景を別の画像に置き換える合成技術です。自宅を写さずに済むので、プライバシー保護の役割があります。また、好きな画像を背景にできるので、最初の会話のネタにもできます。

この記事では、PC(パソコン)とスマホでZoomのバーチャル背景を設定する方法と、うまく設定できないときの対処法を紹介します。

<目次>
パソコンでZoomのバーチャル背景を設定する方法
スマートフォンでZoomのバーチャル背景を設定する方法
Zoomのバーチャル背景が使えない理由と解決策
 

パソコンでZoomのバーチャル背景を設定する方法

まずは左下のビデオアイコンのところにある[∧]をクリックして、[バーチャル背景を選択]を選択します。
[∧]をクリックして[バーチャル背景]を選択

[∧]をクリックして[バーチャル背景]を選択

ぼかしを含めた6種類が用意されているので、好きなものを選ぶと、それが背景になります。バーチャル背景を無効にしたいときは[なし]をクリックします。
画像をクリックするとバーチャル背景にできる

画像をクリックするとバーチャル背景にできる

パソコンの中にある画像を取り込んでバーチャル背景にすることもできます。[+]をクリックして[画像を追加]を選択してから、パソコン内の画像ファイルを選びます。
[+]をクリックして[画像を追加]を選択

[+]をクリックして[画像を追加]を選択

新しいバーチャル背景を追加できた

新しいバーチャル背景を追加できた

画像にカーソルを合わせて表示される[×]をクリックすると、リストから削除できます。バーチャル背景を整理したいときに使いましょう。
[×]をクリックするとリストから削除できる

[×]をクリックするとリストから削除できる

 

スマートフォンでZoomのバーチャル背景を設定する方法

スマホではiOS(iPhone)用のZoomアプリでバーチャル背景が使えます。Androidも2020年9月から使えるようになりましたが、かなり高性能な機種に限定されているようです(ガイド所持のミドルクラスのAndroid機種では使用できませんでした)。そのため、ここではiPhoneの画面で解説します。

右下にある[詳細]をタップしてから[背景とフィルター]を選択します。
[詳細]をタップ

[詳細]をタップ

[背景とフィルター]をタップ

[背景とフィルター]をタップ

最初は画像が用意されていないので、写真アプリから画像を取り込むことになります。
[+]をタップ

[+]をタップ

選んだ画像をバーチャル背景にできる

選んだ画像をバーチャル背景にできる

Zoomのバーチャル背景が使えない理由と解決策

バーチャル背景が設定できない可能性として、次のことが考えられます。

・Zoomアプリが最新版ではない
Zoomのアプリをアップデートすると、バーチャル背景を設定できる場合があります。

・パソコンやスマホが対応していない
パソコンやスマホが古かったり性能が低かったりすると、バーチャル背景を使えません(外付けWebカメラの性能も関係します)。パソコンとiPhone、iPadについては公式のヘルプセンターに条件が書かれているので、自分が持っている機種が対応しているか調べましょう。

バーチャル背景が性能上できない場合、グリーンスクリーンという代わりの機能を使うことができます。映画撮影などでグリーンの背景に別の映像を合成する「クロマキー」という技術です。
[グリーンスクリーンがあります]にチェックを入れ、プレビュー画面右下をクリックして背景色をクリック

[グリーンスクリーンがあります]にチェックを入れ、プレビュー画面右下をクリックして背景色をクリック

クロマキー合成ができる

クロマキー合成ができる

クロマキーは特定の色を選択し、その色を別の画像に置き換えます。そのため、洋服の色と背景が一致していると、洋服が透けて見えてしまいます。背景が白のときは濃い色の服を着ると、透けにくくになります。単色のカーテンなら、クロマキー用の背景に使えます。

【Zoom解説記事バックナンバー】
(1)Zoomとは? 初心者でも分かる特徴や他サービスとの違い
(2)Zoomミーティングに参加する方法
(3)Zoomミーティングに招待する方法
(4)Zoomでチャットを使いこなす方法と設定
(5)Zoomで画面共有する方法
 

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。