夜尿症とは……7歳児の約1割、大人も0.5~数%が悩むおねしょ 

小児科を受診する親子のイメージ

夜尿症は治療が必要?不要? 子どものおねしょに悩んでいる場合は一度小児科か泌尿器科を受診しましょう


子どものおしっこの悩みで一番受診が多いのは、おねしょ(夜尿症)に関するものです。お泊まり保育や修学旅行前に気になっての受診は珍しくありません。

おねしょ(夜尿症)とは、「5歳を過ぎて1か月に1回以上の頻度で夜間睡眠中の尿失禁を認めるものが3か月以上つづくもの」です。7歳児における夜尿症の有病率は10%程度。その後は年間15%ずつ自然に治っていきます。しかし大人でも0.5~数%に夜尿が見られると考えられています。おねしょに悩んでいる方は少なくないのです。
 

子どものおねしょ以外の排尿障害……頻尿や尿失禁(尿漏れ)など

おねしょの他に多い排尿に関する悩みは、尿が近い、尿の回数が多いという「頻尿」の症状です。具体的には朝起きてから就寝までの排尿回数が8回以上の場合を指します。頻尿の原因は様々で、大人に多い過活動膀胱、排尿後にも膀胱の中に尿が残る「残尿」、尿量が多い「多尿」、尿路感染・炎症、大人で多い腫瘍、心因性のものなどがあります。子どもの頻尿で多いとされるのが、膀胱炎と心因性です。多尿の場合は、糖尿病の症状でもありますので、もし水分をよく飲み、多尿であれば、一度、小児科を受診するか、薬局での市販されている検尿テープで尿糖がないかどうか調べてもよいかもしれません。

また、夜尿だけでなく、昼間に尿失禁があり、昼間尿もれとも言います。昼間尿もれは精神的な問題や成長過程によるものが多いですが、夜尿(おねしょ)より腎臓や膀胱などの奇形や炎症によって起こる可能性が高くなりますので、医療機関で相談したほうがよいかもしれません。
 

子どものおねしょ・尿失禁の治療法……多くは心因性で自然治癒

子どものおねしょや尿失禁などの排尿の問題は、心因性のものであれば、成長ともに自然治癒していきます。しかし、なかなか治らない場合は病院を受診し、心因性以外の原因がないかを確認するのがよいでしょう。別の原因が分かれば、その原因に対する治療を行うことができます。

例えば、感染症であれば、感染症を治療することでその症状は良くなりますし、尿路奇形が問題であれば、泌尿器科の手術により軽快することがあります。
 

子どもの排尿障害の受診の目安・受診は何科が適切か

小学校まで夜尿があるときには、一度、小児科か泌尿器科を受診しても良いかもしれません。昼間の尿漏れや頻尿なども、続く場合は心因性でない可能性もあります。生活に支障があるようであれば、一度、医療機関を受診し、腎臓や膀胱などの異常がないかどうか検査しておくと安心でしょう。

最初の受診は、小児科でも泌尿器科でも大丈夫です。泌尿器科は成人も含めての診療科になりますので、医療施設によっては子どもの場合は小児専門の泌尿器科を紹介されることもあります。
 

子どものおねしょは生活指導などで治癒率が増加

子どもの夜尿(おねしょ)は、「あせらず」「怒らず」「起こさず」と言われていますが、夜尿は生活指導をはじめとする治療介入により、自然経過に比べて治癒率を2~3倍高めることができ、治癒までの期間が短縮できると言いわれています。自然治癒の可能性もありますので、子どもの成長を見守ることも必要かもしれませんが、気になる場合や生活に支障が出る場合は、まずは一度受診し今後の見守り方を考えていくのがよいでしょう。また、抗利尿ホルモンを使用することで夜尿(おねしょ)が改善することがあります。排尿を知らせるアラームで改善することもあります。しかし、このアラームは音量のため、周りで寝ている人まで起こしてしまうこともありますので、生活環境の中で良い方法を考えていくことになります。

寝具などの洗濯などの負担もあるかと思いますので、一度、医療機関で相談してみても良いと思います。

■参考
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項