夜尿症(おねしょ)は、睡眠中に本人の意識なく、排尿をしてしまうことを言います。 「夜尿症」と「おねしょ」は症状としては同じことですが、一般に、幼児の夜尿を「おねしょ」と言い、小学校入学以後の子供の夜尿を「夜尿症」と言うことが多いようです。実際は、あまり区別なく使われています。

夜尿症(おねしょ)のある子の特徴

寝ている子供

朝までゆっくり眠れることが大切。夜尿の治療は「起こさず」が基本です

少し古いデータですが、1980年の幼児健康度調査報告では、夜尿のある子どもは
  • 2~3歳 51%
  • 3~4歳  34.8%
  • 4~5歳 25.1%
  • 5~6歳 18.9%
です。この中で、毎日夜尿が見られる子どもは
  • 2~3歳 13.9%
  • 3~4歳  5.8%
  • 4~5歳 3.3%
  • 5~6歳 2.6%
です。上のデータからも分かるように、たまに夜尿をしてしまう子供は多く、小学校上がるぐらいまでは夜尿があっても心配はありません。6歳でもたまに夜尿をしてしまう子が6人に1人いるわけです。

早く治さなくてはと焦りすぎないよう、まずは夜尿について正しく知ることが大切。以下でわかりやすく解説しましょう。

夜尿症(おねしょ)の原因

夜尿症の多くは病的なものではありません。大きな問題はなく、機能的なことだと考えられます。子供の場合、自律神経と尿を抑えるホルモン(抗利尿ホルモン)のバランスが悪いために起こりやすいです。睡眠のリズムや精神的な要素も原因となりえます。

一方で、夜尿症を伴う病的な原因としては、以下のものが考えられます。
  • てんかんや発達障害、多動症、脊髄の病気など
  • 膀胱炎などの尿路感染症や腎炎など
  • 糖尿病や利尿を抑えるホルモンの異常である尿崩症など
  • 包茎や外陰部の湿疹など
上記の病気が隠れていないか検査することは大切ですが、これらの病気がある場合、夜尿だけでは済みません。上記の病気の場合は、就寝中だけでなく、昼間でも尿が漏れてしまいます。

夜尿症の検査では、必ず、尿検査を行います。血尿、蛋白尿、糖尿、尿の比重などをチェックします。後は、血液検査や脳波の検査を行い、さらに、必要な場合は、造影剤などを使って腎臓から膀胱、尿管までの尿が通る経路を検査します。

夜尿症(おねしょ)の診察・診療科

夜尿を相談する場合、まずはかかりつけの小児科に相談するといいでしょう。泌尿器科でもいいです。もし可能なら、夜尿外来を設けている医療機関を受診してみるのもよいでしょう。

医療機関では、まずは病的な問題がないかどうかを検査します。尿検査は必ず行うので、できれば朝一番の尿を持っていくといいでしょう。病院に着いてからも排尿して尿検査を受けることが多いです。

次のページでは夜尿症(おねしょ)の治療法について説明します。