麻疹(ましん・はしか)とは

受診する子ども

感染力が非常に強い麻疹。2歳以下が約半数を占め、多くは1歳代ですが、大人も感染・発症します。

一般に「はしか」と呼ばれることが多いですが、正式な病名は「麻疹(ましん)」です。感染力が非常に強く、同じ空間にいるだけで感染リスクがある空気感染です。

麻疹の症状

高熱と赤い細かな発疹が特徴的な全身の病気。主な症状は以下の通りです。
  • 鼻水
  • 39度以上の高熱
  • 発疹(赤い細かい発疹が全身に出ます)
  • 色素沈着(回復すると湿疹が赤黒くなって、しばらく残ります)
  • 眼球結膜充血・目やに
  • 下痢や便に血が混じることも
コプリック

頬の粘膜に白い斑点が発疹が出る前に見られます(出展:国立感染症研究所 感染症情報センターホームページ

最初は高熱が出て、2~4日目頃から発疹が出てきます。発疹が出てくる頃、口の中に「コプリック斑」という白い斑点ができるのも特徴的な症状です。
 

麻疹の原因

麻疹は麻疹ウイルスによって起こる呼吸器感染。麻疹ウイルスは、「パラミキソウイルス群RNAウイルス」に分類される、非常に小さなウイルスです。非常に小さいため、空気感染しやすいのも特徴。空気感染は感染する範囲が広くなるので、同じ部屋にいるだけでも感染します。非常に感染力が強いため、1人が感染すると、麻疹ワクチンをしていない人や、これまでに麻疹にかかっていない人に、次々と広がってしまいます。1人の感染者が免疫のない人に感染させる数は12人から16人です。感染してから発症するまでの潜伏期間は10~12日です。
 

麻疹の合併症

麻疹には合併症が多く、特効薬がありません。以下の合併症はどれもかなり重症になるリスクを伴うものです。

■間質性肺炎
風船のように膨らんだりしぼんだりする肺が硬くなり、呼吸ができなくなる病気。ひどい時には人工呼吸器を使用しないといけない場合があります。

■中耳炎・肺炎
麻疹にかかると免疫が抑制されるため、細菌に対する抵抗力が下がり、中耳炎や肺炎になることも。

■クループ症候群
のどが腫れて、ケンケン、コンコンといった咳をして、時には呼吸がしにくくなる病気。

■脳炎・脳症
麻疹に自然にかかると、1000例に1例の割合で合併すると言われています。後遺症(精神発達遅滞、痙攣、行動異常、神経聾、片麻痺、対麻痺)は20~40%見られ、脳炎・脳症の死亡率は約15%です。

■亜急性硬化性全脳炎(SSPE)
脳炎の一種で、麻疹ウイルスが持続して脳に感染し、麻疹感染後数年以上で発症し、症状が徐々に脳炎が進行し、神経症状が悪化する非常に予後の悪い病気。現時点では治療方法がありません。

■播種性血管内凝固症候群(DIC)
血管の中で、血の塊を作り、血を止める成分や血小板は少なくなってしまい、出血しやすくなる病気。体の至る所で出血してしまいますから非常に怖い病気です。
 
免疫が低下した人が麻疹にかかると、上記の合併が重症化します。

麻疹の診断

麻疹の診断で最も確実なのは、鼻やノド、便などからウイルスを見つけることです。麻疹のすべてを把握するために、現在、国立衛生研究所で検査を行っています。

症状などからも麻疹の可能性を診断する事はできますが、修飾麻疹や異型麻疹など典型的でない麻疹もあるために、様々な検査を行った上で診断する方が望ましいです。

血液検査でも麻疹に対する反応である抗体を測定します。IgMというウイルスに感染後に上昇する抗体を検査したり、病気になっている時と1~2週間後の回復した時に測定してIgGと呼ばれる抗体の上昇を見ることで、麻疹を診断します。

抗体は感染したから1か月程度までIgMと呼ばれるタンパク質が出て、IgGと呼ばれるタンパク質が徐々に増加し、数年から数十年体内に存在して、麻疹ウイルスの侵入に対して防御してくれます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項