Windowsフォトギャラリーで表示できる形式

Windows VistaのWindowsフォトギャラリーでは、「JPEG」「TIFF」「BMP」「PNG」などの一般的なファイル形式の画像を開いて見たり、整理することができます。
ところが「RAW」や「GIF」など、よく見聞きする形式でも、初期設定のWindowsフォトギャラリーでは表示できないものがあります。「GIF」の画像にいたっては、「ピクチャ」フォルダでは見ることができても、Windowsフォトギャラリーでは表示されないので、注意が必要です。

GIFファイルのサムネイルは、「ピクチャ」フォルダで表示されるのに…。
Windowsフォトギャラリーで同じフォルダを開いても、GIFファイルは非表示になります。

Windowsフォトギャラリーで、読み込んだり、表示することができる画像や動画ファイル形式は、基本的には次の10種類です。

BMP、JPEG、JFIF、TIFF、PNG、WDP、ASF、AVI、MPEG、WMV

これ以外の画像ファイル形式をWindowsフォトギャラリーに追加するには、当たり前のことですが、ほかの画像編集ソフトを使って、上記の画像ファイル形式に変換する必要があります。

たとえば、ペイントでもGIFを開いてPNGに変換できます。

ペイントでGIFをPNGに変換すると…
Windowsフォトギャラリーで表示できます。
しかしながら、ペイントでは、透過部分も含めてPNGに書き換えることはできません(GIFの透過部分は不透明になります)。

それでは、RAWファイルはどうなのでしょう。
RAWファイルの種類によっては、更新プログラムをインストールすれば、Windowsフォトギャラリーで表示できるようになります。次の項へ>>