RAWとは?

最近のデジタルカメラは高画質化が進み、5万円以下の製品でも、RAWでの撮影ができるモデルが発売されてきています。デジタルカメラのコーナーでは、よく耳にするRAWですが、RAWって一体なんでしょう? JEPGと何が違うの?

ということで、今回は、一般的な画像形式「JPEG」と比較しながら「RAW」をご紹介していきます。
RICOH GR DIGITAL IIの「画質・サイズ」設定画面。RAWの選択が可能

 

RAWは「生データ!?」

RAW(ロウ、ロー)」は、「カメラRAW」などと呼ばれることがありますが、基本的には、画像データのことです。デジタルカメラやスキャナなどに搭載されているCMOSやCCDなどのイメージセンサーが感知した色の情報そのままの画像データのことをさす場合が多くなっています。

デジタルカメラやスキャナでは、イメージセンサーで感知した色情報を補完したり、明るさやトーンを整えて、JPEGやTIFFなどのフルカラーの画像データにするのですが、この補完や補整の際、色情報を大幅に削減したり、画質の劣化が伴います。

そうした画像の劣化を嫌い、補完や補整をする前のデータが、カメラマンやクリエイティブワークの現場から渇望され、補完・補整前の「生データ」として、RAWデータが登場しました。

RAWデータは、CCDやCMOSなどのイメージセンサーが感知した画像情報そのままなので、各カメラメーカー、ひいてはカメラごとにばらばらです。

そこで、RAWのデータを補整、出力するためには、各カメラ専用のソフトウェアが必要となります。

このRAWデータの補整や出力のことを、フィルムカメラの時の作業になぞられて「現像」と呼び、RAWデータの補整・出力ソフトウェアのことをRAW現像ソフトなどと呼びます。

RAW現像ソフトには、各デジタルカメラメーカーのもののほか、Adobeや市川ソフトラボラトリー、Appleなどからは、各メーカーのデジタルカメラに対応したRAW現像ソフトも発売されています。

Adobe Photoshop Lightroom の「現像」画面。

RICOH GR DIGITAL II付属の画像編集ソフト「Irodio Photo & Video Studio」の「DNG コンバータ」画面。