そもそもRAWとは

「RAW(ロウ、ロー)」は、「カメラRAW」などと呼ばれることがありますが、基本的には、画像データのことです。デジタルカメラやスキャナなどに搭載されているCMOSやCCDなどのイメージセンサーが感知した色の情報そのままの画像データのことをさす場合が多くなっています。

リンク: RAWとJPEGの違いを知ろう [CG・画像加工] All About

RAWとJPEGの違い

RAWはひと言で表すのならば「生データ」。広く使われている画像形式と言えばJPEGがありますが、両者の違いはなんなのでしょうか。

出典: 2/2 RAWとJPEGの違いを知ろう [CG・画像加工] All About

RAWで写真撮影する際の弱点

処理が施されていないそのままの写真が撮れる……と聞くと、どうにも魅力的に思えるRAW画像ですが、もちろん弱点あります。

出典: RAWデータで撮影する際の利点と弱点とは? [デジタル一眼カメラ] All About

RAWのデータを補整、出力するには「現像」が必要!

RAWのデータを補整、出力するためには、各カメラ専用のソフトウェアが必要となります。

このRAWデータの補整や出力のことを、フィルムカメラの時の作業になぞられて「現像」と呼び、RAWデータの補整・出力ソフトウェアのことをRAW現像ソフトなどと呼びます

リンク: Raw画像を現像する方法と特徴 [CG・画像加工] All About

Raw現像に適したソフトとは

Raw画像を現像するには、カメラ機種のRawフォーマットに対応しているソフトが必要。こちらの記事では、代表的なRAW現像ソフトを5つ紹介します。

出典: Raw現像に適したソフトの種類 [CG・画像加工] All About

Rawを読み込んで見る・整理する

補整や出力をするためには「現像」が必要なように、RAW画像をPCで閲覧・整理するためにもちょっとした手順を要します。

出典: Rawを読み込んで見る・整理する [CG・画像加工] All About

RAW画像を加工して、一歩上の仕上がりに

Raw画像で印象的なイメージ作成

Raw現像では、画像にさまざまな修正や加工をして、新たなイメージを作り出すことも可能。多くの情報をもつRawであれば、よりバラエティに富んだアレンジがもできるでしょう。

出典: Raw画像で印象的なイメージを作ろう [CG・画像加工] All About

Raw画像を「書き出す」方法

Raw画像は情報量が多いものの、そのままWebにアップロードして表示することができないなど、使用するシーンは限られています。現像したRaw画像を、JPEGなどの画像ファイル形式に変換する「書き出し」を行えば誰にでも見られるようになります。

出典: Raw画像を一般的な画像形式に書き出すには? [CG・画像加工] All About