プリンターを使ったプラ板作りのポイント!

一頃はやったプラ板…ご存じですか?

薄いプラスチックのシートに油性マーカーなどで絵を描き、形通りに切り抜いて、加熱したオーブントースターに入れるとみるみる縮んで、厚みがでて堅く仕上がり、それをキーホルダーなどにして使う…といった楽しいクラフトの一種です。

手描きに限らず、インクジェットプリンタ専用のプラスチックシートも販売されていますので、プリントできる絵柄、画像ならなんでもOK。好きな写真やキャラクターの画像、もちろんパソコンで描いた絵などもあれば、個人でいろいろなグッズを作って楽しめます。
プリンターで写真やイラストをプリントして作ったプラ板。

プリンターで写真やイラストをプリントして作ったプラ板。


今回は、ぬいぐるみの写真をWindows標準のペイントでプラ板印刷用に編集をして、半透明なプラ板「ちぢめてキーホルダー」(株式会社クイックアート・はがきサイズ・キーホルダー金具2個付き・税込520円)にプリントアウトして、プレートを作ってみました。
「ちぢめてキーホルダー」(株式会社クイックアート)

「ちぢめてキーホルダー」(株式会社クイックアート)


今回の作り方の中でおさえたいポイントは、
  • 半透明なプラ板印刷は画像を左右反転させる
  • はがきサイズにあわせて印刷設定をする
さらによりキレイに仕上げるためには、
  • あらかじめPhotoshopなどの画像編集ソフトで色を明るめ(薄め)に調整する
  • 縦長(または横長)の画像は、長辺を10%縮小しておく
ということも知っておくと役立ちます。

■用意する物
インクジェット用のプラスチックシート(半透明)・はさみ・箸またはピンセット・オーブントースター(オーブンレンジでも可)・Windows標準の「ペイント」、Mac標準の「プレビュー」等の簡単に画像編集できるアプリ

それではプラ板印刷用に、写真をペイントで編集する一例を紹介していきます。

画像を切り取る

まずプラ板印刷したい画像を画像編集アプリで開きます。ここではWindows標準の「ペイント」で開いています。写真のサイズが大きいため、右下のズームスライダーを左ドラッグして縮小表示しています。
ペイントでプラ板にプリントしたい写真を開いたところです。

ペイントでプラ板にプリントしたい写真を開いたところです。


「ホーム」の「選択」で「四角形選択」を選び、切り取りたい形の外形を囲みます。ここではくまのぬいぐるみの輪郭よりもひとまわり大きめに長方形で囲みます。
「四角形選択」を選んでくまよりもひとまわり大きめにドラッグして囲みます。

「四角形選択」を選んでくまよりもひとまわり大きめにドラッグして囲みます。


「トリミング」をクリックして長方形で周りを切り落とします。
「トリミング」で切り取ったところです。

「トリミング」で切り取ったところです。


次のページでは、写真に文字を入れて、全体を左右反転し、保存をします。