Microsoft フォトとは?

Windows 10の「Microsoft フォト」(以下「フォト」)は、写真を読み込んで閲覧し、編集をするための標準アプリです。

この記事では、フォトの利用開始の手順と、写真の読み込み、コレクションやアルバムの利用方法について解説をします。
Windows 10の「Microsoft フォト」の「コレクション」画面。

Windows 10の「Microsoft フォト」の「コレクション」画面。


フォトでは基本的にパソコンおよびオンラインストレージサービスの「OneDrive」の「ピクチャ」フォルダーの写真を閲覧したり、編集をすることができます。

「ピクチャ」以外の場所を参照するには、「設定」の「ソース」でフォルダーを追加します。
ウィンドウ左下の「設定」をクリックすると開く画面でソースを確認。

ウィンドウ左下の「設定」をクリックすると開く画面でソースを確認。


最新の「フォト」をインストール

Windows 10マシンには「フォト」がインストールされています。そのままフォトを起動して使用を開始できますが、古いバージョンのフォトがインストールされている場合があるため、下記のリンクから最新のアプリをインストールする必要があります。

Microsoft フォト
「アプリをゲット」をクリックしてインストールをしましょう。

「アプリをゲット」をクリックしてインストールをしましょう。


フォトを起動すると開く「コレクション」

「フォト」を起動すると、「コレクション」が開きます。コレクションというと任意で作るカテゴリーのように思いがちですが、単に写真の作成日年月別にまとめているだけです。
年月をクリックするとタイル状の写真はたたまれ、目的の年月をクリックすると写真を展開します

年月をクリックするとタイル状の写真はたたまれ、目的の年月をクリックすると写真を展開します


写真をフォトに読み込む

コレクションを開くと、右上に「インポート」ボタンがあります。
ここをクリックして、写真をフォトに読み込みます。

読み込み元のデバイス名をクリックすると、自動的に読み込みを開始します。
「コレクション」の「インポート」をクリックして、インポート元のデバイスをクリックします。

「コレクション」の「インポート」をクリックして、インポート元のデバイスをクリックします。