写真を「編集」画面で開く

「コレクション」で写真をダブルクリックすると、1枚を大きく表示します。この画面の右上には「共有」「スライドショー」「自動補正」「編集」「回転」「削除」ボタンが配置されています。

ここでは「編集」をクリックします。
「編集」をクリック。

「編集」をクリック。


「編集」画面が開きます。

「編集」画面が開きます。


写真の左側で、主な編集のカテゴリーを選択して、右側のツールで細かく調整をします。


まずは自動調整を試そう

「基本補正」が選択されていると、右側には6種類のツールが表示されます。ここでは「補正」をクリックします。

すると、かなりいい感じに明るさと色、さらに傾きも自動的に補正してくれます。
「補正」による自動補正適用後。明るくなり、色味が改善され、傾きも補正されました。

「補正」による自動補正適用後。明るくなり、色味が改善され、傾きも補正されました。


あとは必要に応じて、手動で目的のツールをクリックし、そのまま円形の周りをドラッグして調整量をコントロールします。
「傾きの調整」を手動で調整。

「傾きの調整」を手動で調整。


「クロップ」を選ぶと、縦横比を指定して写真を切り取ることが出来ます。

「クロップ」を選ぶと、縦横比を指定して写真を切り取ることが出来ます。


「補正」は地面におちているゴミなど、小さい気になる部分をクリックして目立たなく消します。

「補正」は地面におちているゴミなど、小さい気になる部分をクリックして目立たなく消します。


明るさや色の微調整

「ライト」では写真の明るさ、コントラストを調整し、「カラー」では「濃度」による色温度調整をします。
「鮮やかさ」で写真全体の彩度を調整したり、「カラーブースト」では任意のカラーの部分、たとえば青空の部分にマーカーをドラッグして、青い色の領域のみ彩度を強調したり地味にしたりすることができます。
「ライト」では「明るさ」「コントラスト」「ハイライト」「影」を調整します。

「ライト」では「明るさ」「コントラスト」「ハイライト」「影」を調整します。


「カラー」の「カラーブースト」をクリックして、青空の部分にマーカーを配置して、青い領域の彩度を調整します。

「カラー」の「カラーブースト」をクリックして、青空の部分にマーカーを配置して、青い領域の彩度を調整します。