iPhoneの「空白」キーを長押しするとカーソルを自在に操れる

iPhoneの「空白」キーを長押しするとカーソルを自在に操れる

iPhoneで文字を入力するとき、カーソルの微妙な操作が難しくてイライラしたことがある人、少なくないのではないでしょうか。

実はこのカーソル移動・操作をコントロールするのに非常に役立つテクニックがあります。その鍵を握っているのが、キーボードにある「空白」というキー。ぜひ覚えておきましょう。
 

「空白」キーの長押しでカーソルを自在に操れる

キーボード上にあって、余白を入れるための使う「空白」キー。タップすると半角スペースを入力することができます。この「空白」キーを長押しすることで、カーソルを自由に動かすことができます。

具体的に説明しましょう。

「空白」キーをタップして、その指を離さずに、そのままにしておきます。するとキーボードの印字が全て消えて、真っ白になります。

・「空白」キーを長押しする
 
iPhoneの「空白」キーを長押しするとカーソルを自在に操れる

「空白」キーを長押しするとキーボードの印字が消える

この状態で指をスライドすると、スライドした分だけカーソルを移動させられます。

・指を離さずにグリグリ動かす
iPhoneの「空白」キーを長押しするとカーソルを自在に操れる

指を離さずにグリグリした分だけカーソルも動く

指を離さない限りはカーソル移動モードは継続。大きく大胆に動かすことも、細かく繊細に動かすことも自由自在です。
 

「空白」キーの長押しで範囲指定する方法

「空白」キー長押しによるカーソル移動では、範囲指定をすることも可能です。コピー範囲の調整や、文章の一括削除などに役立ちます。ぜひ覚えておきましょう。

範囲指定するときは、両手を使う必要があります。

まず右手で「空白」キーを長押しして、キーボードの文字が消えた状態にします。この状態で、今度は左手。文字が消えたキーボード上のどこでもいいので、左手でタップします。するとそこが「始点」になります。この間、右手の親指は画面に置いたままです。

・片方の手で「空白」キーを長押しし、もう片方の手で文字が消えたキーボード上のどこかをタップする
 
iPhoneの「空白」キーを長押しするとカーソルを自在に操れる

「空白」キー長押しでカーソル移動モードにしたまま、もう片方の手でキーボード上のどこかをタップする

「始点」を決めたら、今度は、置いてあった右手をスライド。そうすると、カーソルを移動させた分だけ「範囲指定」することができます。

・カーソル移動で「範囲指定」する
iPhoneの「空白」キーを長押しするとカーソルを自在に操れる

カーソル移動した分だけ範囲指定できる

「コピー」や「ペースト」といったメニューを表示させたい場合は、範囲しているオレンジ色の帯を指でタップします。すると各種メニューが表示されます。
 

まとめ

  • キーボードの「空白」を長押しすると、カーソルを自由自在に移動させられるようになる。
  • 右手で「空白」キーを長押しして、左手でキーボードをタップすると、範囲選択を始められる。
非常に便利なTipsなので、ぜひ役立ててください! それでは、今日はこのあたりで。

【おすすめ記事】
iOS 14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック
マスクをしたままiPhoneの顔認証(Face ID)を解除する方法
iPhoneで写真の位置情報を消す方法・残さない方法
iPhoneが重いときの対処法まとめ! 本当に効果的なものだけ
子を持つ親が絶対にしてはいけないiPhoneの5つの設定項目
iPhoneのパスコードを簡単な4桁の数字にする方法
iPhoneのカメラをいつでも一瞬で起動する3種のテクニック

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。