マスクをしたままiPhoneの顔認証を解除する方法

マスクをしたままiPhoneの顔認証を解除する方法
 

こんにちは、iPhoneやMac、Webサービスを使った「生活に活かせる実用的な活用術」を紹介しているブロガー兼Webディレクターのばんかです。今回はマスクをしたままiPhoneのロック画面を解除する方法をご紹介します!設定方法は簡単で、マスクを半分に折った状態でFace IDを登録するだけ。

マスクの利用が一般的になった昨今、iPhoneを使うためにマスクをいちいち外すのは非常に手間で、面倒くさいですよね。この方法を使えば、外出先でマスクを外す必要がなくなりますよ。
 

マスクをしたままFace IDの顔認証を解除する方法

マスクをしたままiPhoneの顔認証を解除するには、マスクをした状態でFace IDを登録する必要があります。しかしもちろん、マスクで顔を覆ったままでは、Face IDを登録することはできません。工夫が必要です。

その方法とは「半分に折ったマスクを顔に当てながら登録する」というもの。実際に登録してみましたので、その手順をご紹介します。

1. iPhoneの「設定」アプリを開き、「Face IDとパスコード」へと進みます。
マスクをしたままiPhoneの顔認証を解除する方法

「設定」アプリから「Face IDとパスコード」を選択


2. 「Face IDをセットアップ」を選択します。すでにFace IDを登録済の人は「もう一つの容姿をセットアップ」を選択して、新しく顔認証の設定を追加します。新しいFace IDを登録できない場合は、過去に登録したFace IDをリセットしましょう。
マスクをしたままiPhoneの顔認証を解除する方法

「Face ID」をセットアップで顔認証を設定しましょう
 

3. 顔の登録画面になったら、半分に折ったマスクを顔に当てます。鼻先を指で抑えるようにして、口元が半分ほど出ている感じにします。
マスクをしたままiPhoneの顔認証を解除する方法

マスクを半分に折った状態でFace IDを登録します


この状態で、顔を上下左右に動かして登録を進めます。もし「顔の認識が妨げられています」と表示されても、登録が進められるようでしたら、気にせず進めてください。もし認証されなくなってしまったら、マスクの位置を少しズラして調整します。

これで設定は完了です。今後はマスクをしたままでもiPhoneのロックを顔認証で解除できるようになります。もちろん、マスクを外した状態であってもロックは解除できます。その点はご安心ください。
 

マスクによる顔認証解除の確率を上げる方法

上記の方法でも、マスク状態で顔認証を解除することは十分可能です。しかし場合によっては、なかなか認証がパスされないケースもあるようです。

その場合は、反対側に折った状態のマスクで、2つ目のFace IDを登録しましょう。

Face IDには2つの顔を登録することができます。上述した方法で、左半分をマスクで隠した状態で登録したのであれば、2つ目は右半分をマスクで隠してFace IDを登録します。

こうすることで、よりマスク姿での顔認証解除の確率を上げることが可能です。
 

マスクの柄や色が違うと解除できない可能性も

Face IDに登録したマスクと装着しているマスクの柄や色が違うと、顔認証に失敗することがあります。

これを回避する方法は特にありません。したがって「所持しているマスクの柄や色を統一する」「マスクを新しくするたびにFace IDを登録しなおす」といった対処が必要になります。

少し手間にはなりますが、このあたりは仕方のないことだと割り切る必要がありそうです。
 

マスク姿でロック解除できるのはとても便利

初めてこの方法を知ったときは、正直「そんなうまい具合には解除できないだろう」と考えていましたが、実際にやってみるとびっくり!実用的なレベルで、キチンと顔認証をパスしてくれます。

マスクをしたまま外に出ることが一般的になった昨今、マスクを外さずにiPhoneを使えるというのは、非常に便利です。

しかしもちろん、セキュリティ面では、あまり良い対応とはいえません。顔認証の精度を弱くしている状態といえますので、利用には十分ご注意ください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。