子を持つ親が絶対してはいけないiPhoneの5つの設定項目
子どもが勝手にiPhoneを触って、思わぬトラブルを巻き起こした。そんな失敗は珍しくありません。筆者も、勝手にリダイヤルをされて焦った経験がありました。

そこで今回は、子どもがいる家庭でおすすめできないiPhoneの設定項目についてお話しします。
 

1. パスコードの要求を「即時」以外にしてはいけない

iPhoneを使用するときは、毎回必ずパスコードを要求するように設定しておきましょう。

設定によっては「2分後にならないとパスコードを要求しない」といったことも可能ですが、これは危険。「使い終わったiPhoneを何気なくテーブルに置いたら、子どもが勝手に触ってしまっていた」なんてトラブルの元になりますからね。

「設定」>「Face IDとパスコード」>「パスコードを要求」と進み、要求する時間を「即時」にします。これで完了!
「設定」>「Face IDとパスコード」>「パスコードを要求」と進み、要求する時間を「即時」で完了!

「設定」>「Face IDとパスコード」>「パスコードを要求」と進み、要求する時間を「即時」で完了!

なお、Face ID(顔認証)やTouch ID(指紋認証)によるパスコード解除を設定している場合は、自動的に「即時」になります。その場合は特に設定の変更は不要です。
 

2. 「ロック中のアクセスを許可」してはいけない

iPhoneでは、ロックが掛かっている状態でも、ある程度の操作ができるように設定できます。この「ロック画面で使用できる機能」は厳選するようにしましょう。

コントロールセンターなどは、ロック画面でも使えたほうが便利です。しかし「Wallet」「不在着信にかけ直す」「Siri」などは、ロック画面で使えるとトラブルの原因になる可能性があります。

設定方法は、「設定」>「Face IDとパスコード」と進み、「ロック中にアクセスを許可」の項目をオン/オフにします。
「設定」>「Face IDとパスコード」と進み、「ロック中にアクセスを許可」の項目をオン/オフにします

「設定」>「Face IDとパスコード」と進み、「ロック中にアクセスを許可」の項目をオン/オフにします

オフにしておいたほうが良いものは「通知センター」「Siri」「メッセージで返信」「Wallet」「不在着信にかけ直す」あたりでしょうか。何かあったときの被害が大きくなりそうなものは、念のためオフにしておきましょう。
 

3. 「データを消去」はONにしてはいけない

「パスコードを10回失敗すると、iPhone内のデータをすべて消去する」という設定があります。盗難などの犯罪に利用されることを防止するために、非常に強力な設定です。

しかし強力だからこそ、意図しないところでのトラブルの危険性があります。

子どもが勝手にiPhoneを触りまくって、知らない間にiPhoneの全データが消えていた。そんなトラブルが考えられます。ですので、子どもには触らせないと断言できない限りは、設定をオフにしておいたほうが無難です。

設定方法は、「設定」>「Face IDとパスコード」と進み、一番下の「データ消去」の項目になります。これをオフにしましょう。
「設定」>「Face IDとパスコード」と進み、一番下の「データ消去」の項目をオフにしましょう

「設定」>「Face IDとパスコード」と進み、一番下の「データ消去」の項目をオフにしましょう
 

4. 自動バックアップをOFFにしてはいけない

上記のような「全データが消えた」といったトラブルがあったときでも、バックアップさえ取っておけば、いつでも元通りに復元できます。

iPhoneでは定期的に、自動でバックアップを取ってくれます。この設定は忘れずにオンにしておきましょう。

設定方法は、「ユーザー名」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」と進み、「iCloudバックアップ」をオンにしておきます。
「ユーザー名」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」と進み、「iCloudバックアップ」をオンで設定完了です

「ユーザー名」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」と進み、「iCloudバックアップ」をオンで設定完了です

これで完了。ただし、自動的にバックアップを取ってくれるのは「電源に接続中」「ロック中」「Wi-Fiに接続中」の3つの条件が揃っている必要があります。

「今すぐバックアップを作成」を使えば、任意のタイミングでバックアップを取ることも可能です。うまく活用しましょう。
 

5. 機能制限をかけずに子どもにiPhoneを渡してはいけない

もし子どもにiPhoneを渡すときは、機能制限をつけておくのも便利な運用方法です。

機能制限とは、その名の通り「機能に制限を設ける」こと。たとえば「Appストアから、勝手にアプリを買うことができないようにする」といったことが可能です。

設定方法は、「設定」>「スクリーンタイム」>「コンテンツとプライバシーの制限」と進み、「コンテンツとプライバシーの制限」をオンにします。
「設定」>「スクリーンタイム」>「コンテンツとプライバシーの制限」と進み、「コンテンツとプライバシーの制限」をオンで設定完了です

「設定」>「スクリーンタイム」>「コンテンツとプライバシーの制限」と進み、「コンテンツとプライバシーの制限」をオンで設定完了です

あとは各種項目から、許可するもの/しないものを設定すればOK。解除したいときは「コンテンツとプライバシーの制限」をオフにすればいいだけです。

【おすすめ記事】
マスクをしたままiPhoneの顔認証(Face ID)を解除する方法
iPhoneで写真の位置情報を消す方法・残さない方法
iOS 14の新機能で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。