iOS14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック
iOS 14がリリースされて、iPhoneにさまざまな仕様変更・機能追加が行われました。メジャーアップデートは大きな変更が多く含まれるので、戸惑った方も多いのではないでしょうか。

変更点は多いですが、すべての機能を把握する必要はありません。覚えきれませんし、重要ではないものも多く含まれています。

今回はiOS 14の中でも特に重要な変更点について厳選してご紹介します。今まで以上にiPhoneを便利に使える機能をピックアップしましたので、活かせそうなものだけ取り入れていきましょう。

<目次>
1. カメラの仕様変更:QuickTake
2. 背面タップによるショートカット
3. ホーム画面の変更:ウィジェットの設置
4. ホーム画面の変更:Appライブラリの活用
5. デフォルトメール・ブラウザの変更
6. ミュージック認識
 

1. カメラの仕様変更:QuickTake

カメラアプリで使える機能や操作方法に大幅な変更がありました。特に連写(バースト)の使い方に変更がありましたので、覚えておきましょう。

まずボリュームキーの使い方が変更になりました。iPhoneの設定アプリで「カメラ」→「音量を上げるボタンをバーストに使用」をオンにしておくと、音量を上げるボタンで「連写(バースト)」となり、音量を下げるボタンで「動作撮影」ができるようになっています。

・カメラのシャッターボタンを長押しで録画が開始される
シャッターボタンの仕様についても変更になりました。シャッターボタンを長押しすると、動画撮影が開始されます。シャッターボタンを押し続ける限り動画撮影は続き、指を離せば撮影が停止になります。
カメラのシャッターボタン長押しで録画開始

カメラのシャッターボタン長押しで録画開始

・指をカギアイコンまでスライドさせると指を離しても録画が継続される
録画を継続したい場合は「ロック」を活用します。録画が開始されるとカギのアイコンが表示されますので、シャッターボタンを押している指をカギアイコンまでスライドさせます。すると指を離しても録画が継続されるようになります。
上にスワイプでロックされる

上にスワイプでロックされる

・シャッターボタンを押してすぐに指をスライドすると連写撮影ができる
シャッターボタンを押してすぐに、iPhoneに向かって左側に指をスライドさせると、連写(バースト)撮影が可能になります。指をシャッターボタンから離さない限り、連写しつづけます。
 
連射撮影モードになる

連写撮影モードになる

2. 背面タップによるショートカット

iOS 14から新たに「iPhoneの背面をトントンッと叩く」というショートカットアクションが追加されました。「背面タップ」という呼び方をします。
iOS14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック

「iPhoneの背面をトントンッと叩く」ショートカットを使ったテクニック

画面へのタッチではない物理的なアクションで動作するショートカットなので、手袋をした手でも使えます。冬場の寒い時期でも使えるので重宝しますね。

設定場所は、設定アプリを開いて「アクセシビリティ > タッチ」と進み、一番下にある「背面タップ」の項目になります。

・設定アプリ「背面タップ」の項目を選択する
 
iOS14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック

ダブルタップとトリプルタップで選べる

ダブルタップ/トリプルタップの項目には、それぞれにさまざまなアクションを割り当てることができます。

・ダブルタップ/トリプルタップのアクションを割り当てる
iOS14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック

割り当てられるアクションの一例

個人的におすすめなのは「ダブルタップ:カメラ起動」「トリプルタップ:スクリーンショット」という組み合わせ。使用頻度が高いうえ、素早く実行したいアクションなので。
 

3. ホーム画面の変更:ウィジェットの設置

ホーム画面にウィジェットを設置できるようになりました。ホーム画面をより便利で実用的なものにカスタマイズできます。
 
iOS14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック

ホーム画面にウィジェットを配置できる

それでは設定方法について。ホーム画面に置いてあるアプリアイコンを長押しして「ホーム画面の編集」状態にします。すると左上の「+」のアイコンが出るので、タップしましょう。

・左上の「+」アイコンをタップする
iOS14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック

「+」のアイコンをタップ

するとウィジェットの追加画面になりますので、あとは好きなウィジェットを選択するだけ。ウィジェットの中には、複数のデザインから選べるものもあります。

・好きなウィジェットを選択する
iOS14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック

好きなウィジェットを選択しよう

ウィジェットの配置の変更方法はアプリのときと同じ。ホームアイコンがぷるぷる震えている「ホーム画面の編集」状態で、動かしたいウィジェットを長押し→移動させればOKです。

・動かしたいウィジェットを長押し→移動する
 
iOS14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック

ホームアイコンがぷるぷる震えている「ホーム画面の編集」状態で、動かしたいウィジェットを長押し→移動でOK

ウィジェットを置きすぎると、今度はアプリを置くスペースがなくなってしまいます。自分のライフスタイルに合わせて最適なホーム画面を目指しましょう。
 

4. ホーム画面の変更:Appライブラリの活用

iOS 14から「Appライブラリ」というものが追加されました。

今までは、インストールしたアプリは必ずホーム画面に置く必要がありました。アプリを削除すれば、自然とホーム画面からも消えるようになっていました。

しかし「Appライブラリ」の登場によって「ホーム画面にはないけれど、iPhoneの中には存在していて、Appライブラリから起動できる」という状態ができるようになりました。

アプリを削除しようとすると「Appを削除」と「ホーム画面から取り除く」という2つの選択肢がでます。
iOS14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック

「Appを削除」に加えて「ホーム画面から取り除く」も選択できるように

「Appを削除」は、アプリを完全に削除。つまりiPhoneの中から完全に消すことを指します。

一方の「ホーム画面から取り除く」を選ぶと、ホーム画面からはアプリが消えますが、iPhoneの中には引き続きインストールされた状態になります。

「Appライブラリ」は、一番最後のホーム画面から更に左にスワイプすると閲覧可能。iPhone内にインストールされているアプリがすべて表示されます。しかもアプリは、種類ごとで自動的にフォルダ分けされます。

・「Appライブラリ」​​​​​​​を表示する
iOS14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック

iPhone内にインストールされているアプリがすべて表示され、自動でフォルダ分けされる

画面の一番上からはキーワード検索が可能。部分一致でアプリをサジェストしてくれます。

「Appライブラリ」のカテゴリ分けの精度がそこそこ高く、さらにキーワード検索まで可能なので、もうホーム画面の整理整頓は不要かもしれません。

現に筆者は、よく使うアプリを1枚目のホーム画面に設置していますが、それ以外はすべて「Appライブラリ」から起動するようにしています。非常にシンプルにまとめられるので、おすすめの運用方法です。
 

5. デフォルトメール・ブラウザの変更

例えばメール本文に記載されたURLをタップすると、今までは自動的にSafariが立ち上がるようになっていました。最優先で使用するブラウザアプリは「Safari」に固定されていたためです。
 
iOS14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック
しかしユーザーの中には「Google Chromeのほうが好き!」って人もいるでしょう。そんな人にとっては、今までの仕様はわずらわしいものだったに違いありません。

iOS 14からは、優先的に使用できるブラウザとメーラーを自分で設定できるようになりました。

設定アプリを開いて、画面を下までスクロール。ブラウザアプリを選択したら、「デフォルトのApp」をタップします。

・設定アプリでデフォルトで使いたいアプリを選択する
iOS14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック

設定アプリからデフォルトで使うアプリを選択できる

​​​対象のアプリが一覧表示されるので、優先して使用したいアプリを選択。これで完了です。

今後はブラウザやメーラーが立ち上がるようなアクションをしたとき、設定したアプリが優先して立ち上がります。
 

6. ミュージック認識

「いま流れている曲を知りたい!」ってとき、ありますよね。カフェでお茶をしているとき流れてきた店内BGMや、街で耳にした曲の名前が思い出せず「これ、なんて曲だっけ……」ってとき。

iOS 14では「ミュージック認識」機能が追加され、コントロールセンターのアイコンをタップするだけで、周囲の音を瞬時に解析。曲名を言い当ててくれます。

設定アプリを開いたら「コントロールセンター」をタップ。画面を下にスクロールして「ミュージック認識」を追加します。
iOS14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック

「コントロールセンター」から「ミュージック認識」を追加

​​するとコントロールセンターにアイコンが出現。曲名を知りたいときは、このアイコンをタップし、そのままiPhoneに音楽を聞かせます。

・コントロールセンター​​​​​​​でミュージック認識のアイコンをタップする
iOS14の新機能の中で絶対に覚えておきたい厳選6つのテクニック

 

解析の精度はなかなか優秀。カバーアレンジされた曲であっても、歌っている歌手を言い当ててくれます。アレンジばかりのクリスマスソングでも、きちんと聞き分けて、アーティストまで提示してくれますよ。


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/8/1~2021/8/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。