無料3Dソフト「Google SketchUp(グーグル スケッチアップ)」で、あこがれの家やお店を建ててみませんか? 基本操作だけで直感的に3Dモデリングが楽しめます。

Google SketchUp」は米国GoogleのSketchUpサイトから英語無料ベータ版をダウンロードすることができます。

  • 2006年5月2現在、Windows XP版の英語ベータ版のみが公開されています。

Google SketchUpで3Dの家を造ろう!
もくじ

  1. 長方形から直方体を作る
  2. 三角屋根を作る
  3. 入り口をくり抜く
  4. アーチ窓を描く
  5. 部品庫に登録して部品を使い回す
  6. ガラスを半透明にする
  7. 影を加える
  8. 画像ファイルに書き出す


長方形から直方体を作る

File]メニュー→[New]で新規のファイルを開きます。青軸、緑軸、赤軸と、あらかじめ配置されている人のオブジェクトを参考にして、家の基本形を作ります。長方形の接地面を作り、面を上に伸ばして直方体にします。

Rectangle(長方形)]ツールでドラッグして家を設置する範囲を作ります。

Push/Pull(押す/引く)]ツールで面を上にドラッグします。すると直方体ができあがります。

もくじに戻る

三角屋根を作る

面を線で分割して、線を上にドラッグして三角屋根を造ります。

Line(線)]ツールを選び、辺に沿ってポインタを移動すると、辺の中央で[Midpoint(中間点)]と表示されるので、向かい側の辺の中央までドラッグして線で結びます。

Move/Copy(移動/コピー)]ツールで描いた線を青軸に沿って上にドラッグすると、三角屋根ができあがります。

もくじに戻る

これで家の基本形ができあがりました。次のページでは入り口をくり抜いて、アーチ窓を描きます。次のページへ>>