Windows標準のペイントで、好きな写真を使った「CD/DVDラベル」を手軽に作ってみませんか?
特別な専用紙や貼り付け専用具は不要です。どこでも手に入る無地でノーカットタイプのA4シール用紙と、はさみ、カッターで簡単に作ってしまうという方法です。

旅行やイベント、季節の折々に撮影した写真やビデオを収録したCDやDVDに、お気に入りの写真を使った手作りのラベルを貼って、親しい方に贈ってみるのはいかがでしょう。


も く じ
写真の大きさを確認します
<POINT>写真の解像度が異なっていたら?
写真を適度な大きさに縮小
ラベル型紙を重ねます
タイトルを入力します
不要な部分を切り落とします
ラベルシール用紙を用意します
印刷の設定をします
印刷をします
ラベルをディスクに貼ります
  • Windows XP「Microsoft ペイント Version5.1」を使用しています。

写真の大きさを確認します

ペイント]を起動して、ラベルに使用したい写真を開きます。↓


ここで解像度の高い写真の場合は、ラベル印刷サイズに縮小する必要がありますので、写真のサイズを確認してみましょう。 [変形]メニュー→[キャンバスの色とサイズ]を選びます。設定画面が開きます。↓



[ピクセル]を選択します。
[幅]と[高さ]の数値を確認します。ここでは「2048」×「1536」ピクセルと、大きいものになっています。デジタルカメラの写真によっては、これ以上に大きい場合もあります。
サイズを確認しましたら、[キャンセル]をクリックします。

もくじに戻る

写真の解像度の値が異なっていたら?

上記の[キャンバスの色とサイズ]で、ラベル用の写真の[解像度]が「96×96ドット/インチ]以外の数値になっている場合は、できあがり寸法に差が生じますので、次の方法で「96×96ドット/インチ]に変更を行ってください。

  1. Ctrl+Aで写真全体を選択します。
  2. Ctrl+Cで写真全体をコピーをします。
  3. ラベル用に開いた写真とは別に、もうひとつペイントを起動します。
  4. 下の白くて小さい四角形を、開いたペイントにドラッグ&ドロップします。↓
  5. ペイントに、白くて小さい四角形のキャンバスが開きます。↓
  6. このペイント上にCtrl+Vでコピーしておいたラベル用の写真を貼り付けます。
  7. [キャンバスの色とサイズ]で解像度を確認しますと、「96×96ドット/インチ]になっています。

もくじに戻る

写真を適度な大きさに縮小

大きいサイズの写真を、適度な大きさに縮小します。 [変形]メニュー→[伸縮と傾き]を選びます。↓



設定画面では、[水平方向]および[垂直方向]ともに同じ数値を入力します。ここでは「50」%に設定して、元の半分のサイズにします。
OK]ボタンをクリックします。


半分の大きさに写真が縮小されました

それでもまだ写真が大きいと言う場合は、もう一度上記の手順を繰り返します。ただし、写真のサイズがラベル印刷に必要である、おおよそ「500×500」ピクセルよりも小さくならないように、縮小率を調整してください。

もくじに戻る

ラベル型紙を重ねます

ここで、印刷用サイズのディスクの型紙を用意しています。下のドーナツ形の画像上で、[右クリック]→[コピー]を選びます。


この画像上で右クリックします


コピーを選びます

ペイント画面に戻ります。[編集]メニュー→[貼り付け]を選びます。型紙が写真の上に貼り付けられます。↓

ツールボックスの[背景色を不透明にする]ボタンをクリックします。
カラーボックスのパレットで[]を右クリックして、背景色に設定します。するとドーナツ形の部分が透明になります。↓



型紙が選択されている(点線で囲まれている)状態で、型紙をドラッグして移動します。透明部分に写真の好きな部分が表示されるように配置をします。↓

もくじに戻る

次のページでは、ラベルにタイトルを入力して、ラベル画像を切り抜きます。